1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●シンガー・ソングライターの長渕剛さん

78年にシングル「巡恋歌」で本格メジャー・デビュー。

80年に「順子」で1位を獲得以降、「勇次」「ろくなもんじゃねぇ」「乾杯」「とんぼ」など数多くのヒット曲を連発。

・「しあわせになろうよ」でシングルの総売り上げは1000万枚を突破

’90年代に入り、’91年『JAPAN』、’93年『Captain of the Ship』など、オリジナリティの極みとも言える革新的なアルバムをリリース

’03年シングル「しあわせになろうよ」でシングルの総売り上げは1000万枚を突破。さらに、ソロ・アーティストとして12枚のオリジナル・アルバムでオリコンチャート1位獲得

・2017年には、アルバム『BLACK TRAIN』をリリース

2011年の東日本大震災直後の活動で話題となるほか、詩画展開催など芸術的な才能も発揮。

2014年にキャリア初のオールタイム・ベストを発表。業界内でのファンも多数。2017年にアルバム『BLACK TRAIN』をリリース。

●その長渕さんが「中居正広のキンスマSP」に出演

・生後すぐ仮死状態など、壮絶な幼少期が明かされた

長渕は生後すぐ仮死状態に陥り医者も諦めかけたが、母の懇願により注射を1本打ってもらったことで奇跡的に九死に一生を得たという。

「ミルク買う金なくて、米のとぎ汁を飲んで育った。母が(栄養失調で)おっぱい出なくてね」と振り返った。

・25歳の時には、母が末期の大腸がんであることが判明

1981年、25歳の時、当時53歳だった母・マス子さんが末期の大腸がんであることが分かった。

手術を受けたマス子さん。何とか命をとりとめたが、長渕は「貧乏人は病気も治せないんだな。金で命も買えるんだな。だったら、金は持ってなきゃいけないんだな」と痛感したという。

・手術から3年後に母は若年性認知症に

1 2 3