1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

唐田えりかは降板へ...不倫の代償が今も消えない女性芸能人たち

東出昌大さんと不倫の唐田えりかさんはドラマ降板。男性より女性芸能人は不倫の代償が大きい。未だに炎上、地上波レギュラー復帰をしていない美女たち。

更新日: 2020年01月27日

9 お気に入り 213481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫騒動

1月23日発売の「週刊文春」が、東出昌大と杏夫妻が別居状態にあると報じた。原因は、東出の不貞行為だという。

井上氏は東出と唐田について「浮気騒動は2度や3度ではない」と指摘し「毎回毎回、東出さんは杏さんに浮気の証拠は全部押さえられたそう

・その唐田えりかさんのドラマ降板が決定した

この後ごご3時45分からは、ドラマアンコール『病室で念仏を唱えないでください』。 @nembutsu_tbs 主人公はお坊さんでありながら救命救急医! #伊藤英明 さん、 #中谷美紀 さん、 #ムロツヨシ さんらが“命と心"を救うため、全力で患者や家族と向き合う! #念唱 #ねんとな #tbs pic.twitter.com/Qi0DHqXPlH

唐田えりか(22)がTBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜後10・0)の出演を自粛する

24日の放送については唐田の出演シーンをカットした。関係者によると、撮影済みの3、4話の出演部分も同様の編集をする。

18年から専属モデルとして活動したファッション誌「MORE」(集英社)でもホームページのモデル一覧から名前が消えていた。

唐田えりか、本当にもうテレビに出て欲しくない。子育てしてる身からするとただでさえ大変なのに双子に加えて1人もいて、不倫されてしかも杏ちゃん美人なのにこんな奴と。東出昌大も唐田ももう顔見たくないし途中降板させろって思う。

▼男性より代償が大きい。厳しい現状が今も続く不倫女性芸能人たち

■まだ番組復帰してない。地上波レギュラーを全てを失ったベッキー

ベッキーといえば、2016年1月に音楽バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不貞が発覚。

「ナショナルクライアント」(知名度の高い全国展開するような企業)のCM出演が多く、まさに「CMクイーン」とも言える存在だったが、その座を失ったのだ。

ベッキー(35)が不倫報道でCMを降板した際の違約金は、芸能界史上最高クラスの約5億円といわれた。

現在のレギュラー番組はBSの音楽番組1本。不倫スキャンダル前に出演していた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『にじいろジーン』(フジテレビ系)など、地上波6番組への復帰は果たせていません。

■いまだにSNSで炎上することが多い矢口真里さん

オトコを自宅に招き入れたところ、帰ってくるはずのない夫が帰宅してしまい、不倫相手をクローゼットに隠したことから、“クローゼット不倫”と呼ばれました。

ヤグチは大バッシングを受け、離婚を発表。レギュラー番組をすべて降板し、休業に追い込まれます。

13年の不貞騒動により降板したCMの違約金について「何千万かですけど払ってます。今も返してます」と告白。

拒否反応を示す人はいまだに多いようで、マクドナルドの公式Twitterが綴った矢口さんに関するツイートには、相当数の批判リプライが殺到。

わたし浮気とか不倫とか大っ嫌いだから矢口真里嫌いなんだけどインスタのオススメに偶然上がってて見たらコメント返ししてるみたいなんだけど批判的なのには草つけて返事してて…あー大っ嫌いだわやっぱりこの人ってなった

■番組降板、そして引退をした山本モナさん

山本モナ(ヤマモト モナ) フリーアナウンサー・タレント。1976年2月11日生まれ、広島県出身。

1 2