1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

潜伏期にも感染…?「新型コロナウイルス」の恐ろしさ

専門家「人類が今まで経験したことのないウイルス」、、、怖すぎる。

更新日: 2020年01月27日

13 お気に入り 165784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■中国を中心に猛威を振るう「新型コロナウイルスによる肺炎」

昨年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に流行中の新型コロナウイルスによる肺炎。

中国・国家衛生健康委員会によると、これまでに計2744人の患者が確認され、80人が死亡、重症者は461人。

また、感染は海外にも拡大しており、これまでに13の国と地域で57人の感染者が確認されている。

■中国政府は感染拡大防止の対策を相次いで実施

中国政府は、23日から公共交通機関の営業停止など事実上の封鎖措置を武漢市で実施しているほか、他都市でも移動の禁止措置を実施。

また、人の移動を制限する必要があるとして、国内の団体旅行に加え、27日から海外への団体旅行を当面中止にすると発表。

さらに、旧正月の「春節」にあわせた大型連休の期間を来月2日まで延長し、国内の小中学校や大学、幼稚園の休暇も延長するという。

■しかし、感染拡大に歯止めはかかっていない

感染拡大に歯止めはかかっておらず、現時点で感染の疑いがある事例は5794人、感染者との濃厚接触による経過観察中は2万人以上。

武漢市の周市長は26日夜に記者会見し、「市内だけで1000人前後の発症者が今後新たに確認される可能性がある」と表明している。

検査結果を待つ患者の人数などから推定

■新型コロナウイルス(2019-nCoV)について分かっていること

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスで、人に感染症を引き起こすものはこれまでに6種類が存在。

風邪の原因にもなる

2019-nCoVも動物由来?

中国国営中央テレビ(電子版)は26日、武漢市の海鮮市場から大量の新型コロナウイルスが検出されたと伝えた。

同市場では、タケネズミやアナグマなどの野生動物や、ヘビやコウモリなども食用として売られており、感染源と考えられている。

特定はされていない

感染力と感染経路

基本再生産数(1人の患者から何人に感染させるかを示す数値)は、WHOの推定値では1.4~2.5人。

季節性インフルエンザと同程度

武漢市ではヒト―ヒト感染が持続的に起きており、感染経路については、患者の咳やくしゃみなどでウイルスが広がる飛沫感染が中心。

症状と致死率

発症すると、発熱やせき、呼吸困難といった呼吸器の症状のほか、下痢や吐き気など消化器系の異常なども見られるとのこと。

1 2