1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

心配すぎる…。新型コロナで危惧「スーパースプレッダー」の出現

新型コロナウイルスで危惧されている「スーパースプレッダー」とは?

更新日: 2020年01月31日

22 お気に入り 217705 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス

27日時点で2700人超の感染を確認。感染者の大部分は武漢市内とその周辺に集中しており、死者80人のほとんども武漢地域で確認

■今後はどうなってしまうのか

アメリカのフロリダ大学の研究者からなる研究チームが科学論文を発表、恐ろしい予測をした。2月4日までには、武漢だけで、感染者数が25万人以上に達する

今後、国内でこのウイルスが広がる可能性が十分に考えられるので、2009年のインフルエンザのパンデミックの際に取った対策と同じような対策を今回も直ぐに発動出来るように、準備を進めるべき

変異も始め、感染力も強くなると言われている新型コロナウイルス。世界は拡大を続けるこのウイルスを封じ込めることができるのか?

■その今後を占うのが「スーパースプレッダー」だ

現時点では他者への感染力が極めて強い「スーパースプレッダー」が存在する証拠はないが、理論的にはそのような感染者が存在する可能性はある

■スーパースプレッダーとは何なのか?

多くの人への感染拡大の感染源となった患者の存在が明らかになってきた。この特定の患者がスーパー・スプレッダー

自分以外の多くの人へ感染を拡大させることから、感染症コントロール・感染症疫学上での大きな懸念材料となる

ウィルスを増殖させやすい体質によって他者に対し強い感染力を備えていたり、職業柄多くの人と接触したり多くの地域を行き来したりする人物が、結果としてスーパースプレッダーとなりやすい

■最悪のシナリオは「日本国内にスーパースプレッダーが現れる」こと

最悪のシナリオは、日本国内に『スーパー・スプレッダー』が現われること

003年のSARSウイルスや、2015年に韓国で流行したMERSウイルス(感染者2400人超・死者858人)でも複数のスーパー・スプレッダーが確認された

過去には発症しないままウイルスをばらまく「スーパースプレッダー」が事態を悪化させた例もあり、感染爆発(パンデミック)への警戒は怠れない

■SARSでは1人で100人を感染させたという例も

新型コロナウイルスについても、中国国家衛生健康委員会の専門家グループ長が「1人の患者から医療関係者14人が感染した例があった」と明らかにした

1 2