1. まとめトップ

【ハゲ】【薄毛】対策

ハゲを治したいんだよ俺たちは。治せない医者も薬もいらないんだよ。

更新日: 2020年02月03日

3 お気に入り 2542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kenkouchanさん

増えるハゲ人口

ハゲは増えている。男性だけではない。ハゲとは無縁だとされてきた女性のハゲも目立つ。

しかも、若いのにハゲる者が増えている。年のせいではないようだ。

さらに、日本のハゲ人口は急増している。データは2009年に発表されたものだが、アデランス社が同様の調査を1982年に行った際は、日本の薄毛率はわずか15.60%だった。

 22年間で1.67倍だ。どうしてしまったというのか?

育毛剤市場は急成長中です。脱毛や薄毛が気になる人は全国で約1600万人いるといわれ、動物性食品の摂取量が増大するなど食生活の変化に関連があると指摘されています。

結局はに栄養摂取と十分な睡眠と免疫力

毛に良い栄養摂取と十分な睡眠
・髪に良い3大栄養素「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」を摂る
・できれば24時までに寝て、6時間の睡眠時間を確保する
・お酒やたばこは控える

ハゲの原因

ハゲの原因をすべて遺伝のせいにして諦めていないか。やるべきことはまだあるはず。

若ハゲの原因は、男性ホルモンの急増、先天的原因、後天的原因があると言う。男性ホルモンの急増はよく聞く話だが、先天的、後天的とはどう言うものだろうか?

「まずよく誤解されているのが『ハゲは遺伝』するということです。正確にはハゲの遺伝子というものはありません。ただし『骨格は遺伝』します。骨格にはハゲやすい骨格というのは確かにあります。これが先天的理由ですね。生まれ持った髪質ももちろん先天的理由です」

男性ホルモン?

男性ホルモンが多い人はハゲやすいという風説を聞いたことがない人はいないのではないでしょうか。しばしば語られるテストステロンと頭髪の関係ですが、結論から先に言えば関係はありません。テストステロンが脱毛に関係あるなら、もっともハゲやすいのは思春期の男性になるはずですが、現実にはそんなことはありません。

後天的な原因

ストレスや食生活

「ストレスや食生活です。ストレスは緊張状態が続くことになるので血管が萎縮してしまいます。そうすると頭皮の毛細血管まで十分な栄養が届かず抜け毛が増えます。また動物性脂肪を取り過ぎると汗が脂っこくなります。この脂っこい汗が頭皮に負担をかけます。現代の若ハゲ増加の原因は後天的原因が大きく影響していると思います。

肉の食い過ぎ

若くなるほど肉食になじむが、病気の元だ。

男性ホルモンが薄毛や抜け毛の原因と言われるのは、酵素の影響によって「脱毛ホルモン」に変換されるため。

この酵素は前頭部と頭頂部の毛根に多く存在し、男性ホルモンが増えると成長する前の毛が抜けてしまい薄毛につながるそうです。

肉中心の食生活は男性ホルモンを増やします。
つまり、肉ばかり食べているとハゲるリスクが高まるということ。

サプリメントに頼る前に

育毛剤やサプリメントに頼る前に、毎日の食生活を見直してみませんか?
食事の脇役である野菜を、正しく効率よく食べることで薄毛・抜け毛のリスクを減らすことが出来るんです!

整髪料

カネ払ってハゲる。あるうちはいいが。大切にしないと、どんどんなくなるそ。

整髪料を実際に使い続けているうちに
抜け毛が増えてきたという人からの声がたくさん聞こえてきています。

整髪料を使うと髪がやわらかくなってスタイリングがしやすくなりますよね。

実はこれ、整髪料に含まれる合成界面活性剤の働きによるものなのです。

髪の油を取らないで

毛穴からは頭皮の環境には欠かせない皮脂が分泌されていますよね。

整髪料が毛穴を塞いでしまうと皮脂が閉じ込められたような状態になってしまいます。

整髪料は油の成分ですのでなかなか落としにくく、
すっきりするまで何度も洗ったりシャンプーの量を増やしてしまいがちです。

これでは本来必要なはずの皮脂成分まで落とされるので、
それを補う形でよりたくさんの皮脂が分泌されてしまい、
結果的にこちらも頭皮環境の悪化に繋がってしまう

Prolonged exposure to surfactants can irritate and damage the skin because surfactants disrupt the lipid membrane that protects skin and other cells.
界面活性剤は皮膚や他の細胞を保護する脂質膜を破壊するため、界面活性剤に長時間さらされると皮膚を刺激し、損傷する可能性があります。

日本語wikiには記載されていない。
日本人はカネ払ってハゲろ。

自然な状態の髪の毛には、油分が含まれています。

この油分は、湿り気や柔軟性を与える、外部からの有害物質や細菌の侵入を防ぐ、体内からの水分の放出を防ぐなどの機能があり、髪を保護する大切なものなのです。

そこで、油分がなくなると、枝毛、抜け毛、切れ毛の原因となり、ツヤや弾力もなくなります。

そして加齢とともに、薄くなっていくわけです。

1 2 3