1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

柄本佑も!冬ドラマで「掛け持ち」出演する俳優たち

2020年冬ドラマで複数の作品を掛け持ちし、ふり幅の広い演技力を見せる実力派俳優たち。柄本佑、間宮祥太朗、水野美紀ほか。

更新日: 2020年02月29日

5 お気に入り 29834 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆震災時の精神科医役で主演している柄本佑

NHKの土曜ドラマでは『心の傷を癒すということ』(夜9時/1月18日スタート)がスタート。

阪神淡路大震災時に被災者に寄り添い続け、PTSD研究の先駆者となった精神科医・安和隆を演じる柄本佑をはじめ、粒ぞろいのキャストが物語を繊細に紡ぐ。

出演者はほかに尾野真千子、濱田岳、キムラ緑子、近藤正臣ら折り紙付きの演技派揃い。ネット上の感想も〈引き込まれました〉〈こういうドラマが見たかった!〉〈俳優陣がみんな達者で、安心して見ていられる〉と、すこぶる好評である。

・『知らなくていいコト』では男前な主人公の元カレを演じている

先にネット上などで話題になったのは、8日スタートの連ドラ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)。

佑さんは、吉高由里子さん演じる主人公の元恋人役で出演しており、これがやたらと色っぽくてかっこいい。

知らなくていいコトを見て、先週の心の傷を癒すということを見ているんだけど、柄本佑どっちにも出てるんか。 凄いな、全然違う人に見える。

知らなくていいコトといい心の傷を癒すということといい今期圧倒的に柄本佑が良すぎる

◆『僕はどこから』でエリートヤクザがハマり役の間宮祥太朗

Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗、女優の上白石萌歌が共演する2020年1月8日スタートのドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)。

市川マサの同名漫画をドラマ化する本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。

Hey! Say! JUMPの中島裕翔が演じる「作家志望の気が弱そうな好青年」と、間宮祥太朗の若い組長の役が、どちらもばっちりハマっていて、いい。

・『ハムラアキラ』では正反対のエリート警視を演じている

ミュージシャン・女優・モデルのシシド・カフカがドラマ初主演を務める、ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(NHK総合/毎週金曜22時)が今夜24日スタート。

間宮が演じるのは、葉村が唯一その知性に一目置く警視・岡田正太郎。葉村と唯一渡り合う存在だが、その知性の裏には隠された姿があり、敵なのか味方なのか謎に包まれている。

主人公の相方っぽい刑事さんが、現在『僕はどこから』で、やはり主人公のバディのヤクザをやっている間宮祥太郎だというのにまったく気づかなかった。同じクールで片方刑事、片方ヤクザ……。#ハムラアキラ

間宮さんはお顔がほんとに美しいうえに強いw のに雰囲気とか話し方とか瞳とかまったくちがう人間を生きてくれるからみてて楽しい…… ハムラアキラも僕どこもいっしょに摂取できるのたのしすぎるが贅沢すぎる…✨

NHK『#ハムラアキラ』 おもしろい!『ひよっこ』『半分、青い』『なつぞら』と最近のAK朝ドラ出演者の割合が多いけど(笑)、画も綺麗だし物語の展開も好き #間宮祥太朗 さん、半青のりょうちゃんとも『僕はどこから』とも全然違う。最近、いわゆるイケメン枠の若手がキャラを立てる方向に行く傾向。

1 2