1. まとめトップ

新型コロナウィルス発生の2ヵ月前に予測されていたパンデミック

シミュレーションでの予測では、さらに感染が拡大すると1年後には...

更新日: 2020年02月17日

9 お気に入り 144845 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

シミュレーションでの予測では、さらに感染が拡大すると1年後には...

【参考】首都圏の鉄道での感染拡大シミュレーション bit.ly/2O8yxfr 新型インフルエンザに感染した「1人」が東京都郊外の自宅〜都心へ通勤した場合の感染の広がり。10日目には首都圏で12万人以上が感染、地方の主要都市にも拡大する。 →もうしていると見るべき terumo-taion.jp/fever/pandemic… pic.twitter.com/6pHnFPqNuP

今日から立場が逆転して、中国人から「日本人は中国に入国できなくなるかも、早く帰ってくれば?」と言われるようになりました pic.twitter.com/Hzq4zO9M4M

@katsuyatakasu イギリスやフランスよりも、中国人が多く来訪済みの日本は深刻ですね 3週間後には300倍、3ヶ月後には… 北海道大学の感染者数の試算だそうです pic.twitter.com/l38fVEAqFA

Two eye popping numbers from an insightful interview with Dr Neil Ferguson of @MRC_Outbreak on #coronavirus interview: 1) China cases are likely underestimated by maybe 10x (1:12 video). 2) Global cases outside China underestimated by maybe 4x. youtu.be/ALQTdCYGISw

訳:ニール・ファーガソン博士との洞察に満ちたインタビューからの2つの目を引く数字
@MRC_Outbreak
1)中国ケースはおそらく10倍(1:12ビデオ)過小評価されている可能性があります. 2)中国以外の世界的なケースは、おそらく4倍に過小評価されています。

ニール・ファーガソン教授の分析 1. 中国では 1日 50,000件の新規症例が発生 2. 感染者は 5日ごとに倍増する 3. 死亡率はまだ不明 4. 中国では 3月に感染のピークを迎えると予測 5. そのため、流行のピークはまだ 1か月先になると見られる

#新型コロナウィルス 北海道大学医学研究院 西浦教授発表の 罹患数を元に筆者がSIR推定したグラフ WHOの罹患数は無視して良いと思います 日本国内の罹患数は、客船61人と合計で 90人となり、グラフとも整合します 全体は現状、37万人程度と考えられます pic.twitter.com/k3g6syD9iT

#coronavirus, current cases and deaths prediction of coronacases in February will be pic.twitter.com/5c4P1uMKi8

MBBS(bachelor of medicine and surgery: 医学学士)と名乗るこちらの方の予測では、2月21日には患者数が 5714万人となり、死者数が 117万人となると。これまでの結果は結構近いものがあります。

A graph is worth a thousand letters. #coronavirus. Source: NYTimes nytimes.com/interactive/20… pic.twitter.com/evgM2UHf3U

NY timesに掲載されたSARSと #新型コロナウィルス 感染者の増え方の比較。異常

香港大学の研究によると、新型肺炎の感染者は1月25日の段階で75815人。 doubling timeは6.4日。ウイルスの感染力が低下しない場合、武漢の感染者が減少傾向になるのは2020年4月。他の都市はそれに比べて1~2週間遅れるとある。データも豊富。一読価値あり。 thelancet.com/journals/lance… #中国

米ジョンズ・ホプキンス大が #新型コロナウイルス 感染の広がりをリアルタイムで表示するマップを作成。アクセス殺到らしくなかなかつながらないけど、様子が一目でわかる。 gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashbo… pic.twitter.com/eWUIFUi5F8

▼ここから本題。予測されたパンデミックについて

興味深いことに、上記のマップを公開したアメリカのジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター(Johns Hopkins Center for Health Security)の科学者が、2019年10月にコロナウィルスのパンデミックがどう広がっていくのか、想定シミュレーションを発表していたというのです。

そのシミュレーションでは、なんと、こう予測していました。

このシミュレーションが発表された 2ヵ月後に、武漢で新型コロナウイルスが発生したという形になります。さらに、シミュレーションを行ったエリック・トナー氏はこうも述べています。

「新しいパンデミックが引き起こされるとすれば、その可能性が最も高いウイルスはコロナウイルスであると私は長い間考えていました」

今年コロナウイルスが発生したというニュースが伝えられた際も、ショックを受けていなかったと言います。そして、トナー氏は上記のように語ったそうです。

6500万人が死亡する... トナー氏による衝撃のシミュレーション

この分析は、世界経済フォーラムとビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団との共同研究の一環

マイクロソフトの創始者 ビル・ゲイツは最近ではワクチン接種の普及に力を入れています。

ブラジルの養豚場でパンデミックが発生した場合にどうなるかを調査

武漢のコロナウイルスは、今のところは生きた動物を販売していた市場で発生したと言われます。似てますね。

1 2 3 4