1. まとめトップ

トップYouTuber【ねこあや】が教えてくれる『バズりの法則』とは

TV番組「じっくり聞いタロウ」より抜粋。

更新日: 2020年01月30日

1 お気に入り 193 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kotsukotsu7さん

パソコン1つで月収1000万円以上稼ぐ

ねこあや(25歳)

2018年2月 YouTubeチャンネルを開設。
現在登録者数45万人。

その【ねこあや】さんが教えてくれるYouTubeの攻略法は・・・

まず、YouTuberとしての属性を考えよう

YouTubeには2つの属性がある。

《光属性》
・料理 ・DIY 
・旅行 ・スポーツ
・ゲーム ・美容など

《闇属性》
・下ネタ ・過激動画
・批判動画など


ねこあやさんは、煙草を隠さない、お酒も隠さない、性的な話も言っちゃう、完全な《闇属性》。

ねこあや「当時、闇属性の女性YouTuberの台頭がてんちむしかいなくって。自分はキレイどころの光属性に行っても窮屈で続かない。」

光属性では、企業の広告などをすると「結局お金じゃん!」と叩かれてしまう。

ねこあや「かつ、趣味でも、お遊びでもなく、金のために始めたってことを公言していたんで稼げなきゃ意味が無い。《闇属性》でいこう!」

YouTuberとして大切な事は『素人でいること』

ねこあや「プロを見たければテレビをつけちゃえば良い。」

皆がインターネットに求めているもの、ねこあやさん本人も大事にしている事は、『あくまで素人でいること』『動画投稿している一般人でいること』である。

ねこあやさんの動画は『日常系』
・Uber Eatsで1週間生活してるぜ
・マクドナルド食べながら世間や他人の悪口を言う
・2か月ぶりに洗濯機回した~
など、何の気なしに見れるもの。
25歳の女の子のリアルな私生活を覗いている感じがイイらしい。

ねこあや「人の人生をリアルに観られるからこそ需要がネットにある。」

『バズりの法則』とは、

『その人のキャラクター×意外性=バズり』です。

例えば、熊切あさ美(番組出演者)なら、泣きながら”あの事件””を大暴露する『号泣動画』を撮る!

ねこあや「1回完全にバズると、日常動画だけで稼ぐことが出来る。」

通常テレビでは、自分以外や会社が絡んでいるため、爆弾を落としたら終わりだけれども、

ねこあや「YouTuberは自分自身が媒体なので、爆弾すらも一つのコンテンツとしてアウトプットできる。何をしてもネタになる。」

ねこあやさんの場合は、
意外な趣味『釣り』のジャンルに進出し、『コラボ動画』で新規客を獲得した。

ねこあや「結構数字を持っている釣りYouTuberを口説き落として、コラボ動画を勝ち取ったんです。漁港のアイドル化してて、地方の漁港に行っても『あやちゃ~ん』ってなるんですよ。」

一気に今までと違うファン層を取り入れた。

儲けのカラクリ

●広告
美容クリニックとかマッチングアプリに自ら営業をかける。
アナリティクス(見た人の性別・年齢・時間・端末などの動画サイトのデータを解析するもの)でアピールする。

●商品をプロデュース
ねこあやさんはレギンスをプロデュース済み。
これも自ら電話で営業し、1か月で決定。

発売開始から24時間で約3000万円の売上(本人のチャンネルからのみ)
自分で宣伝して売り上げた分→39%
代理店・他のインフルエンサーが売ってくれた分→9%
が、ねこあやさんの取り分。

ねこあや「寝ててもお金が入ってくるんですよ~」

●フリーで活動
中間に誰もいないので全部入ってくる。

●投稿は週4回

毎日投稿すると、『どうせ今日もアップしてるから今観なくていいや~』
週3日だと、『どうせ今日もあがってないからチェックしなくていいや~』
となる。

ねこあや「ちょうどいいのが週4~5回。」

●動画は10分以上
10分以上の動画だと自分の好きなだけ広告を挟める。
(10分未満だと最初と最後のみ。)

1つの動画に広告を3本挟むと、
1再生の広告収入0.3円が0.9円になる。
それかける再生回数が収入になる。
《例》0.9円×100万回=90万円

ねこあや「10分の動画に4回の広告がベスト。」

1