1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

乱立批判はあるけれど…実はどれも面白い冬の「医療ドラマ」

2020年冬ドラマには医療系ドラマが6本ということで乱立批判もあるけれど、実際に見てみるとテーマや切り口がそれぞれ違い、いずれも良作だった。

更新日: 2020年02月01日

3 お気に入り 19694 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆今期は医療系ドラマ6本ということで“乱立”との指摘も

◆しかし、実際にはラブコメから人間ドラマまで多彩

ドラマを見る前から、医療系が6本だから乱立などと決めつけるのは、本当に当たっているのか。既に放送されたドラマを見る限り、そうした表面的な批判は、実は的外れであることがわかる。

リアリティ重視の人間ドラマあり、漫画原作のラブコメありと、語り口は異なる。

一口で医療ドラマといっても、実際には内容や向き合うテーマは別々だ。医療が舞台などの表面的な情報で、ドラマを決めつけてしまうのは惜しい。

◆実は面白い冬の「医療ドラマ」

▼小泉孝太郎主演のビジネス系医療ドラマ『病院の治しかた』

「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」(テレビ東京)。経営難で潰れてしまいそうな実家の有原総合病院を、小泉孝太郎演じる副院長・有原修平が立て直そうと奮闘する。ビジネス系医療ドラマだ。

「しがらみ」や「既得権益」をバッサバッサと切り捨てて、時に「暴走特急」と呼ばれるほどの熱いキャラクターを、小泉が抑制の効いた演技で体現。

【ドラマBiz】病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~|主演:小泉孝太郎|テレビ東京 tv-tokyo.co.jp/byouinnonaoshi… 医療モノとは違う切り口の病院経営再生の話がディテールまでリアルでおもしろい。 医療関係者ではない素人からも「おもしろいよね」という感想を聞き、なんか嬉しい。満を持してオススメ。

医療ドラマというと臨床医や看護師がメインの場合が多いけど「病院の治しかた」は経営者として医師が主人公で、事務長、財務、総務、クラーク、院内SEといういわゆる事務部門にもフォーカスが当てられている。 病院経営に携わる方は見て損はないドラマ。 #病院の治しかた tver.jp/corner/f0045349

病院の治しかた、めちゃくちゃおもしろいなぁいいドラマ。あまり人気なさそうだけど…

▼佐藤健と上白石萌音によるラブコメ系医療ドラマ『恋つづ』

佐藤健演じる“ドS医師”と、彼をとことん追いかける上白石萌音演じるナースとのラブコメ『恋はつづくよどこまでも』。

ヒロインがドジで天真爛漫キャラだが行動力はあるという点では、本作脚本の金子ありさも脚本を手がけていた『ナースのお仕事』(フジテレビ系)シリーズと重なる。恋を全面に出した、最近のドラマでは珍しいタイプのヒロインから目が離せない。

#恋つづ 最高に面白いしキュンキュンするしメッチャ面白いドラマだわ

天童先生顔面良すぎて息するの忘れて見入ってしまった。毎回1時間があっとゆーま( ᵒ̴̶̷ωᵒ̴̶̷ ) 今期のドラマで一番すきぃ #恋つづ

来週も見よう。 やっぱり王道ラブコメは気楽に見ることができて良き。 上白石萌音も佐藤健もお芝居うまいし、演者全員役に合ってるから安心して見られる。 何よりミキ昂生最高! #恋はつづくよどこまでも #恋つづ #上白石萌音 #佐藤健 pic.twitter.com/xiJOW18m3m

▼腫瘍内科を舞台にしたリアル系医療ドラマ『アライブ』

1 2