1. まとめトップ

タイムズ24を利用した駐車場経営の特徴まとめ 土地活用で一定の収入を!

土地活用にはマンション経営やオフィス賃貸などがありますが、低リスクで始めるなら駐車場経営がおすすめです。建設費用もかからず、経営時のサポート体制も整っているタイムズ24で土地活用を始めてみましょう。

更新日: 2020年02月06日

1 お気に入り 144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GABA3さん

タイムズ24株式会社

私たちタイムズ24は、「時代に応える、時代を先取る快適さを実現する。」を理念に掲げるパーク24グループの一員として、安全・安心・便利にご利用いただける駐車場サービスを提供しています。

クルマ社会を巡る環境は、電動化や自動運転、シェアリングへなど、100年に一度の大変革期と言われるほど、世界的に大きく変化しています。

パーク24グループは、2019年5月より、本社を創業の地である五反田(東京都品川区)へ移転しました。これを機に、創業の精神を思い起こし、次のステージに向けて新たなスタートを切るため、コーポレートアイデンティティおよびブランドアイデンティティをリニューアルしました。

タイムズ24は、日常に当たり前にある「快適さ」や、世の中になかった新しい「快適さ」を届けることで、そこに住み、そこに生きる人々や街、社会が、より豊かに、より魅力溢れるものになるよう、お客様の声をしっかり受け止め、真に必要とされる交通インフラサービスとは何かを追求し、創業からのDNAである「挑戦」を続けてまいります。

【気をつけよう!バッテリー上がり】3/3 クルマは意外と電気を使います ご利用中にバッテリー上がりが発生すると、会員様に復旧費用をご負担いただくことになってしまいます エンジン停止中は十分お気をつけください(終了) pic.twitter.com/fp2Pc3pNIi

タイムズの土地活用

駐車場は、初期費用ゼロではじめられる投資リスクの少ない土地活用方法です。
タイムズ24が運営するタイムズ駐車場は、手間や費用をかけず、毎月一定の安定収入が得られるだけでなく、24時間365日の管理・サポート体制により、オーナー様の大事な土地をお預かりします。

マンションやアパートが建てられない変形地や狭小地、管理が難しい遠方の遊休地、空きの多い月極駐車場などでお困りの際は、ぜひタイムズ24にご相談ください。全国47都道府県、2万件・75万台※を超える駐車場管理実績を活かし、その土地の形態や活用方針にあわせた駐車場の運営方法を提案します。

タイムズは、1971年に創業した会社です。事業内容は、駐車場の経営やカーシェアリングサービスの運営となっています。

土地活用とはどのように関連しているかというと、先ほど挙げた「駐車場の経営」ですね。

タイムズの駐車場は北海道から沖縄まで、日本全国に存在しています。そのため、駐車場に適した日本の土地を持っている人なら、タイムズによる駐車場経営を始めることが可能でしょう。

都心では車を駐車するところがまだまだ少ないので、土地活用としてタイムズの副業は儲けが期待できます。 ちょっとしたお小遣い稼ぎには、タイムズの副業はぴったりで、 korono2.sakura.ne.jp/smt/ab053/?atc… #ダイエット

お元気ですか駐車場投資というのは、今、土地活用の方法として人気になっていますが、その方法としては、タイムズのコインパーキングがおすすめです。 余っている土地活用のため、 senior8.xsrv.jp/sam/b03/?atcl_… では、またね。

普段使っていない土地を貸し出すという最近流行りの「土地活用」。タイムズのコインパーキングにした場合は一定額が収入となるので、利用する人も多くいます。

タイムズは日本中で駐車場を経営していた経験を持っているため、そのノウハウを使って駐車情景を始めることができるのです。

土地活用って?

大切な資産である土地。けれど、ただ所有しているだけでは、土地は何も生み出してはくれません。そればかりか、対策を講じていないと各種の税金をはじめ、維持費・管理費などがかさみ、財産になるどころか、かえって大きな負債ともなりかねないのです。

土地活用とは、土地という資産が本来秘めているポテンシャルを最大限引き出して、このマイナスの連鎖を断とうというもの。その基本は、土地オーナーの方の目的やご要望、そして、地域の特性や街のニーズに即した事業を行い、土地オーナーの方々の資産の維持・形成はもちろんのこと、地域の発展にも積極的に役立ててゆこうというものです。

土地オーナーの方々の置かれた状況や、活用する土地の条件によって、企画や対応はそれぞれ異なってきます。また、行く先には往々にして予期せぬトラブルや、落とし穴が待ち構えているのが土地活用でもあります。であるからこそ、どのような状況・条件にあっても、土地活用にあたっては、これだけは踏まえておいていただきたいという考慮のポイントも必ずあるのです。

ざっと指折り数えただけでも、土地活用には法務、税務、マーケティング、プランニング、事業収支計画、権利調整といったさまざまな専門知識が必要になります。また、事業を立ち上げれば、管理や運営の業務も発生します。これらをオーナーの方々がご自身で対応するのは至難の技でしょう。だからこそ必要となるのが、土地活用の企画から、事業立ち上げ後の経営までをトータルで相談・委任できるパートナーです。

駐車場経営以外にもトランクルームの運営、アパート・マンション経営、オフィス賃貸など様々な業種があり、自分に合ったものを選択することになります。

しかしアパートなどは維持が大変だったり、住民とのトラブルがあるなど収入が高いだけに苦労も多いのが特徴です。

タイムズ土地活用の特徴

時間貸駐車場に欠かせない管理・運営の手間も全てタイムズ24とグループ会社が対応いたします。定期的な清掃・集金・駐車機器の保守メンテナンスから緊急対応まで、タイムズ24のグループ会社であるタイムズサービスが全て対応いたします。

駐車場開設に伴う、行政機関への届出・申請手続きから、駐車場内の不正駐車・不法投棄等の処理まで、専門性の高い業務も、タイムズ24が対応いたします。ご不明点や駐車場に関する情報も、必要に応じてタイムズ24の営業スタッフが丁寧にご説明いたします。お気軽にお問い合わせください。

個人で時間貸駐車場を開設するには、精算機・駐車場機器・料金看板等の購入費と、工事・施工費が必要ですが、タイムズ駐車場として開設する際は、原則タイムズ24が全て負担するため、初期費用なく始められます。

なんといっても上物を作らなくて良いのが特徴ですね。駐車場に必要な精算機を始めとしたシステムを導入する費用もかかりません。

タイムズ土地活用のメリット

1 2