1. まとめトップ
  2. おもしろ

外国でもあるのかw…Twitterで見つけた「海外ではこう言う」報告

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「海外ではこう言う」報告をまとめてみました!

更新日: 2020年01月30日

21 お気に入り 56850 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「海外ではこう言う」報告をまとめてみました!

isaaccさん

Twitterで見つけた「海外ではこう言う」報告をまとめてみました!

○後出し孔明

「全てが明らかになってからまるで自分だけは最初からお見通しだった風な口を利くクソマウント野郎」のことを中国語で「事後諸葛亮」って言うのいいな。諸葛亮だとパッと分かりにくいからTwitterで使う時には「後出し孔明」とかにしとこう。

@harakoatom どちらの国でも賢い人の代名詞が「孔明」の一言で済んでしまうというすさまじいネームバリュー。

@harakoatom 後の祭り感も欲しいので出遅れホームズとかもどうでしょう

@harakoatom 自分は、それのこと「金田一」って呼んでる。 金田一耕助が、いつも事件の最後に「私は最初から全て分かってましたよ。」と言いながら事件を解くけど、「全て分かってたなら人が死ぬ前に解決せんかい!」てツッコミながら見てる。

○そもそも言語の欠陥なんじゃないか

アメリカ人同士の会話でも「フィフティン」「フィフティーン? フィフティ?」「フィフティン」「ファイブゼロ?」「ノー、ワンファイブ」みたいなやりとりをしているのを見ると安心するし、そもそも言語の欠陥なんじゃないかと思う。

@youkoseki fifteenもfiftyも単語の最初が 「5」を表す“fif”という同じ音だから、その次まで聞かないと15なのか50なのかが分からない、っていうところが「じゅうご」と「ごじゅう」と発音する日本語とは根本的に違うし、英語の紛らわしいところだと思う。

@youkoseki そういえば韓国語のタメ口では私=내、 君=네,わからない人から聴けばどちらも「ね」の発音になるので混乱するかも。

@youkoseki 僕アメリカ人だけどこれ絶対あってる、僕も周りの人も知り合い全員も今まで何回もその話して来ました。世界どこでも同じくみんな必ず自分の生まれ育った町で何年取って自分の母語喋っていて来ても絶対忘れるやつですね。笑

○答えられて悔しかった

日本語のわかるアメリカ人と知り合ったんで、定番の話題である「"know"みたいな発音しないkってメンドくない?」って聞いたら、「お前らにも"泉"と"和泉"みたいな発音しない文字があるだろ」って答えられて悔しかった

@sprGK 台湾に行った時、 「中国語は発音が難しい」 と言ったら 「日本語には音がいくつある?」 と聞かれて 「50」※(実際はwiとweが無くなったり、重複したりして、少なくなってる) と答えたら 「そっちの方が難しいよ」 ってw

@sprGK 和泉は風土記の編纂の時に地名を漢字2文字に統一しようとして出来た例外的なモノだから、って返せばいいと思います!

@sprGK 「和泉」の「和」は風土記の編さんのときに中国に倣って 地名を二文字にしようと足したもの。 もう一つ、「伊達」はもともとは「いたて」と読んだが 「いでる→でる」「いだく→だく」と同じように「い」が抜け落ちて 「だて」となった。

○腐女子の語彙力

@minor_human 一周回って違うフォロワさんから帰ってきたよ^('θ')^このツイート

○「イッヌ」にあたるスラング

英語で「イッヌ」にあたるスラング「Doggo」の存在を知って感動している

1 2