1. まとめトップ

駐車場経営はどの企業を選ぶべき?土地活用を行っている会社を比較!

リスクも少なく始められるため駐車場経営は近年とても人気の高い土地活用です。この記事では駐車場経営のパートナーにぴったりなコインパーキング企業を4つ比較しています。

更新日: 2020年02月06日

1 お気に入り 112 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GABA3さん

駐車場の土地活用

駐車場経営は、借金はしたくないが土地活用はしてみたいと思っている人、アパート経営はしたくない人、土地の固定資産税の負担で困っている人等に向いています。

駐車場経営は、大きな投資を伴うわけではないため、大きなリターンは得られません。但し、リスクは少なく、安定収益が見込めるということに関しては、魅力的な土地活用と言えます。

ただ、駐車場経営も、「経営」である以上、一定の知識を持った上で始めることが重要です。

コインパーキングは月極駐車場とは異なり、どこでもできるとは限りません。立地としては、駅の近くやオフィス街、大型商業施設の隣接地等、利便性の高い場所が適しています。郊外でもできますが、コインパーキング適地は郊外の中でも駅の近くの良い立地に限られます。

コインパーキングのニーズは、ちょっと停めておきたいというものです。また近くに建設現場がある場合には、一時的ですが工事期間中に作業員用の駐車場ニーズがあります。

さらに、自分でコインパーキングを経営する場合には、精算機やロック装置、電照看板、ライン引き等の初期投資が必要となります。

尚、駐車場運営会社へ賃貸する場合には、これらの設備は駐車場運営会社が費用を持つため、設備投資は不要です。アスファルト舗装についても、土地所有者が行う場合と、駐車場運営会社行う場合の2通りがあります。

またコインパーキングでは、不特定多数の人が利用するため、車の置き逃げや放置車両といったリスクはあります。さらに精算機には釣銭を補充する必要があるなど、定期的な巡回も必要になります。

『月極駐車場』VS『コインパーキング』 「月極駐車場」 ✅長期契約で安定収入 ✅次の土地活用がしやすい ✅空きが出れば長引く 「コインパーキング」 ✅利用数が多ければ収益が上がる ✅機械をリースできる ✅競合がいれば値下げ 大体の利回りが4%ほどみたいです 住居の方が収益率が高いですね

コインパーキング経営は、万が一事業から撤退する場合でも、アパート等の賃貸契約のような立退料もかからず、原状回復の費用も少額で済み、やめるギリギリまで駐車場収入が見込めるなどメリットも多い土地活用の一つです。 coinparking7.com

タイムズ24

タイムズ24が運営するタイムズ駐車場は、手間や費用をかけず、毎月一定の安定収入が得られるだけでなく、24時間365日の管理・サポート体制により、オーナー様の大事な土地をお預かりします。マンションやアパートが建てられない変形地や狭小地、管理が難しい遠方の遊休地、空きの多い月極駐車場などでお困りの際は、ぜひタイムズ24にご相談ください。

駐車場経営の最大のメリットは、投資リスクの低さと安定した収益性です。
アパート・マンション経営と異なり、初期費用、維持費用等はタイムズ24が全て負担いたしますので、オーナー様のご負担はありません。
※特別な機器の設置、舗装等を行う場合、オーナー様のご負担となります。詳しくはお問い合わせください。
駐車場開設後は、駐車場の稼働状況に関わらず、オーナー様に毎月お約束の賃料をお支払いたします。

汎用性の高い土地活用が可能な点も大きなメリットです。土地の形状にあわせて、駐車場レイアウトを作成しますので、他の土地活用では運用が難しい土地も、駐車場ならば対応できる可能性があります。
さらに、オーナー様の土地を綺麗に保ち、次の資産運用までの有効活用も可能です。
遊休地のままでは、不法投棄やゴミのポイ捨て、雑草等の問題が発生することもありますが、駐車場にすることでタイムズ24が全て対応します。そして次の資産運用までの期間も収益化できます。

タイムズのコールセンターに電話したらそのタイミングで課金は停止。ひとまず近隣のコインパーキング(タイムズ以外も可)に駐めたら遠隔でドアロックされてた。後から係員がGPSで車の位置を割り出して元の場所へ回送するとのこと。恐ろしくスマートな対応でタイムズ好きになっちゃった...

コインパーキングといえばのタイムズ24も土地活用を行っています。全国にコインパーキング事業を展開しており、都心では一番見ることの多い駐車場なのではないでしょうか。

近年はコインパーキング事業以外にもカーシェアや高級感を重視したラウンジ併設の駐車場まで、様々な事業を行っています。

タイムズ24土地活用の特徴

1971年の創業以来、蓄積したノウハウを活かし、地域に密着した営業スタッフが、集客力の高い駐車場を開設し続けています。遊休地、月極駐車場、商業施設・行政・病院などをはじめ、様々な形態の駐車場を管理し、オーナー様から高い評価を得ています。

オーナー様のお悩みや疑問に対して迅速な対応を心がけています。土地の舗装、近隣の理解、トラブル時の対応のほか、タイムズ24が属するパーク24グループはファイナンシャルプランナーの組織「タイムズサポートFPクラブ」を有しているため、納税対策といったご相談に対しても、早期かつ総合的な回答が可能です。タイムズ駐車場のご契約後、開設まで短期間で開設いたしますので、土地活用をすぐにでも始めたいといったオーナー様にも評価いただいています。

駐車場の施工から、集金・清掃・機械のメンテナンス、駐車場ご利用者様からのお問い合わせ等の対応まで、グループ会社で一貫して行っています。また、駐車場の設計・建築に特化した一級建築士を自社内に有しております。専門的な視点から、ドライバーの利便性に配慮した駐車場レイアウトを提供することで、駐車場内での事故を抑制しています。各分野に特化したさまざまなノウハウを持ったスタッフが対応しますので、安心してオーナー様の大事な土地をお任せください。

都心では車を駐車するところがまだまだ少ないので、土地活用としてタイムズの副業は儲けが期待できます。 ちょっとしたお小遣い稼ぎには、タイムズの副業はぴったりで、 korono2.sakura.ne.jp/smt/ab053/?atc… #ダイエット

タイムズのコインパーキングには駐車を管理する機械が設置されていますが、オーナーの初期投資は基本的にかからないため、駐車場の建設はタイムズ側が負担してくれます。

また運営開始以降に起きた利用者とのトラブルなども請け負ってくれるため、オーナーの負担も比較的少ないのが特徴です。

ザ・パークの土地活用

カラオケ業界のリーディングカンパニーとして全国のお客様と築き上げた信頼関係を武器に、コインパーキング「ザ・パーク」の名称で事業展開しており、地域社会への貢献とお客様に安心・安全でご満足いただける土地の有効活用をご提案しています。コインパーキング開設からアフターフォローまで、全面的にサポートします。

当社は、株式会社NTTドコモが開発したスマートパーキングシステムのオフィシャルパートナーとして、手軽に空きスペースを運用できるパーキングサービス「Peasy(ピージー)」を展開しています。
Peasyは、車を検知するセンサーと通信機器を設置するだけで、車1台分の小規模な土地でも「時間貸しの駐車場」として運用できるサービスです。
空きスペースを手軽にパーキングとして活用でき、かつ収益にも貢献する新たな土地の活用法をご提案します。

24時間の電話受付など、万全のスタッフ対応で駐車場・コインパーキング経営のサポート体制も充実。安心して駐車場・コインパーキング運営を託せる企業です。

ザ・パーク土地活用の特徴

1 2 3