1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新型肺炎の検査拒否でパニック…?ドラッグストアでマスクの売り切れ続出

ドラックストアでのマスクの売り切れが話題。ネットでは高額でマスクが転売されている。

更新日: 2020年01月30日

3 お気に入り 45172 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

武漢から帰国した日本人2人が検査拒否

1月29日に現地滞在の邦人206人が帰国した。

中国の湖北省武漢市からチャーター機の第1便で帰国した邦人206人のうち3人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。うち2人は発熱などの症状がない初めてのケース。

症状のある13人中12人が入院し、191人は千葉県内のホテルに滞在。残る3人が帰宅した。

報道では検査を受けた一人も帰宅している。

国内で人から人へ感染している

大阪市内の病院に入院していた、大阪府在住のツアーガイドの40代女性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

女性は1月12日から、既に感染が確認されている奈良県の男性バス運転手と共にこのツアーに同行。15日に大阪市湾岸部のベイエリア、16日に同市中央区の大阪城周辺と、外国人観光客に人気の繁華街・心斎橋に立ち寄った。

大阪在住の中国籍の40代の女性で、ツアー中は運転手や乗客と同じテーブルで食事をし、走行中は運転手の隣に座っていた。

奈良県の担当者は「バス運転手の男性と濃厚に接触した人の数は県内に17人、県外に5人の合わせて22人いると認識している。このうち県外の5人のうちの1人が、国内で8例目の感染者だと確認した」と説明しました。

新型肺炎の影響でマスクが品薄に!

マスクの品薄状態は全国的な傾向になっている。

厚労省によると、感染予防には一般的な感染症対策と同様、手洗いに加えてアルコール除菌やマスク着用が有効とされていることから、ドラッグストアなどではマスクや除菌ジェルなどの売り切れが相次いだ。

新型コロナウイルスの感染拡大に備え、東京都内のドラックストアではマスクの売れ行きが大幅に伸びて、品薄の状態が続いている。

千葉県内のドラッグストアで、マスクや消毒液など衛生用品の売り上げが急増している。マスクの売り上げが例年の5~10倍に上るチェーンもあり、購入数量に上限を設ける動きも。

福岡市や北九州市など都市部のドラッグストアでは中国人らがマスクを大量に購入し、品薄状態が続いている。

有名ドラッグストアチェーンの大津市内の店舗では、四~五日前から、外国人客も含めた顧客によるマスク購入が急増。

三重県でも品薄に

東北6県でドラッグストアを展開する薬王堂(岩手県矢巾町)も、先週半ばからマスクや消毒液の売れ行きが増えた。特にマスクは前年の2倍ほど売れているという。

Twitterではマスクぬ売り切れが話題に

1月30日にはYhooリアルタイム検索で「マスク売り切れ」がバズっている。

へいへ~い、箱マスク売り切れだぜ。 狙ってた手ピカジェルも売り切れだったぜ 『朝から並ばれる方がいて……すみません』 店員さんは悪くないよー pic.twitter.com/WPcPb1Jxdg

マスク売切れで どこも売ってなーい 私のこのお顔 隠されへんやーん instagram.com/p/B77l_2zg7LZ/…

マスクが高額で転売されていた

1 2