1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついにWHO緊急事態宣言。これってどうなるの

拡大が懸念される新型肺炎。WHOから緊急事態宣言。加盟国は対応しなければ…。

更新日: 2020年01月31日

5 お気に入り 16027 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎拡大が止まらぬ、新型肺炎(コロナウイルス)

中国国家衛生健康委員会は31日、新型ウイルス感染症例が30日に1982件増え、累計で9692件になったと発表した。死者は43人増えて213人となった。1527人が重症。

▼日本でも感染者数が増えている

30日夜、新たに新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。国内で感染が確認されたのは14人となりました。

▼そんな中、WHOが「緊急事態宣言」に踏み切った。

緊急の委員会には各国の専門家や保健当局の担当者が参加し、中国を中心に感染が拡大する新型のコロナウイルスの状況について協議しました。

世界保健機関(WHO)は30日、感染が急速に拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、国際的な公衆衛生上の緊急事態を宣言した。

WHOのテドロス事務局長は同日開いた緊急会合後、国際的な緊急事態に相当すると発表した

緊急事態の宣言は、2009年の豚インフルエンザや2014年のポリオ、そして去年7月のアフリカ中部でエボラ出血熱の感染が拡大した際などこれまでに5回出されています。

【感染拡大】新型コロナウイルス、WHOが「緊急事態宣言」 news.livedoor.com/article/detail… 中国での感染者数増加や、他国への感染拡大を受けた判断。これにより、WHOは各国に渡航制限や、空港での検疫強化を勧告できる。 pic.twitter.com/185Em6TlFZ

▼宣言理由としては…現在の危険性懸念。

各国への注意喚起と取り組みを促す狙いがある。

▼24時間以内の報告義務

▼空港や港等での検疫を強化

今後、検疫態勢の充実など感染拡大防止に向けた国際的な協力が一層強化される。

1 2