1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

雪不足の解消は…「暖冬傾向」は今後どうなる?

体調管理には注意するように!

更新日: 2020年01月31日

4 お気に入り 6593 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■京都、岡山、松山で「初雪」を観測

おはようございます。 今朝の気温は氷点下5度で、天候は雪となっております。 雪がうっすらと積もっていますので、足元に気を付けてお参り下さい。 pic.twitter.com/HzhJVWE77D

京都、岡山、松山(愛媛)の各気象台は31日、今シーズンの「初雪」を観測したと発表。

3地点とも、観測史上最も遅い記録(京都や岡山は1月19日、松山は1月26日)を大幅に更新した。

1年ぶりに雪降ってる(;´༎ຶٹ༎ຶ`) チラホラだけど、ようやく初雪見れた

今年初雪だ!って思ったらすでにみぞれで雨に変わってしまった

降っても一時的で、市街地では積雪の心配はないという

■記録的な「暖冬」となっている日本列島

今冬は、偏西風が北に蛇行して寒気が南下しにくい状態が続いており、東・西日本を中心に気温がかなり高くなっている。

平均気温は1.2~2.2℃ほど平年を上回っており、3月~4月並みの暖かさとなった地点も多かった。

■各地では「雪不足」が深刻に…

12月の北日本日本海側の平均降雪量が平年比47%で過去最少となるなど、各地の雪不足は深刻で、全国385ヶ所のスキー場のうち約4分の1が営業できていない。

西日本や東海の各地ではまだ初雪を観測しておらず、名古屋市では1891年の統計開始後、最も遅い記録(1901年1月21日)を119年ぶりに更新した。

■やっと”本格的な冬”が到来か

西日本の上空1500m付近に−6℃以下の冷たい空気が流れ込んでいる影響で、日本付近は冬型の気圧配置に。

冷たい北風が吹いてこの時期らしい気温となっているほか、日本海側を中心に雪雲が発達。

北海道紋別郡遠軽では、31日7時までの24時間で積雪が50cmも増加するなど、明日にかけて大雪や暴風雪に警戒が必要。

【週間天気】この先1週間の天気のポイント  ・週末は西日本でようやく初雪か  ・太平洋側 晴れる日が多く冬らしい寒さ  ・スキー場の雪不足解消は見込めず ▼詳しくはこちら▼ weathernews.jp/s/topics/20200… pic.twitter.com/i19M9cSGiG

しばらくは冬らしい寒さとなる見込み

■今後の天候はどうなる?

季節予報 平均気温(2月1日~29日)

気象庁HPより

北海道や東北では2月前半は寒気の影響を受けて厳しい寒さとなるが、関東以西の平均気温は平年並みか高い状態が続く見込み。

春の暖かさの日が増えるため、中旬からスギ花粉が本格的に飛び始め、下旬には東京などでスギ花粉がピークを迎えそう。

季節予報 降雪量(2月1日~29日)

気象庁HPより

日本海側の雪は一時的には強まるが、全体でみると平年より少なく、スキー場では深刻な雪不足のままシーズン終盤を迎えそう。

一方、東・西日本の太平洋側では、低気圧や前線の影響を受けやすく、平年に比べて晴れの日が少なくなりそう。

1 2