1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国立大学出身なのね…話題のバンドマンたちが高学歴だった件

「Official髭男dism」のメンバー3人をはじめ、2020年話題になっている日本のロックバンドのメンバーの方々が国立大学出身という一面も持ち合わせていました。

更新日: 2020年02月01日

12 お気に入り 60504 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

1月期ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の主題歌も話題な

「Pretender」「宿命」などのヒットシングルで着々と人気を拡大し、アルバム『Traveler』も好調なOfficial髭男dism

2019年末の紅白出場も経て波に乗ったタイミングでリリースされた最新曲「I LOVE…」も素晴らしい出来だ。

「I LOVE...」は昨日1月14日(火)に放送が開始されたTBSドラマ「恋はつづくよどこまでも」の主題歌。

Official髭男dismは島根大学軽音学部の先輩後輩だった藤原聡(ボーカル・ピアノ)、楢崎誠(ベース・サックス)、松浦匡希(ドラム)と、隣の学校に通っていた小笹大輔(ギター)で結成しました。

紅白でのパフォーマンスに加え、新作の売れ行きも好調な

「白日」の総再生回数が1億回を突破、メジャーデビューの年に紅白歌合戦初出場という快挙をなし遂げたKing Gnu

オリジナリティにあふれていながらも、しっかりと歌モノに着地させるバランス感覚に、新世代のミクスチャーバンドとしてすでに注目している音楽リスナーも多い

“Teenager Forever”は、1月15日にリリースされるKing Gnuのニューアルバム『CEREMONY』のリード曲。

『ソニー ワイヤレスヘッドホン/ウォークマン』CMソングとしてオンエアされており、再生数を急上昇中。

常田大希さん(ギター、ボーカル)…東京藝術大学でチェロを専攻。中学からバンドをしていた。

「いまでもチェロが一番良い音だと思いますね」

常田とは違うベクトルで個性を爆発させ何かと話題になっているボーカル・キーボードの井口理。

同郷の常田と同じ東京藝術大学出身で声楽を専攻。

自身が作った楽曲が、2019年の1年間だけで53曲リリースされた

ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイなど多岐にわたる活動で知られる川谷絵音。

そんな彼を指して、「2019年、J-POPシーンで一番曲を作った男」と言っても決して過言ではないように思う。

川谷は同級生を見返すために勉強し、国立の東京農工大学に進学。軽音楽部で本格的に音楽に打ち込みだしたという。

休日課長さんはゲスの極み乙女。のベースを担当しています。東京農工大学工学部電気電子工学科に入学し、大学院の生物システム応用科学府の修士課程を卒業しました。

メンバーの中に、テレ朝人気アナとの熱愛報道があった

1 2