1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新型コロナの陰で…米では死者8千人、インフルエンザが猛威

新型コロナウイルスが注目されている陰でインフルエンザが猛威を振るっています。

更新日: 2020年02月01日

2 お気に入り 13000 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■全世界で新型コロナウイルスが猛威を振るっている

中国を中心に感染が広がる新型コロナウイルス。WHO=世界保健機関は、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言

中国の武漢(ウーハン)市で感染者が次々と発生し、その後、同市を中心に中国本土の感染者は増え続け、1月31日現在、世界中の感染者は1万人を超えようとしている

厚生労働省も電話相談窓口を設けている。電話番号は、03-3595-2285。受付時間は午前9時~午後9時

■その陰で猛威を振るっているのがインフルエンザウイルス。米で大流行している

中国の新型肺炎の拡大が世間を揺るがすなか、実はアメリカではインフルエンザが大規模な流行を見せている

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)によると、2019~20年にかけてのインフルエンザシーズンは、過去10年で最悪級の状況が予想

■今シーズンだけで8200人が死亡している

今シーズン2020年1月18日までに、少なくとも1500万人の米国人がインフルエンザにかかり、そのうち14万人が入院、8200人が死亡

死者8200人というのも、ワシントンDC発行の政治専門誌、ザ・ヒル誌によると「at least」、つまり少なくとも、ということ

これまでに少なくとも14万人が、インフルエンザによる合併症のために入院した。インフルエンザは今も猛威を振るっており、感染者数はさらに増える

■いったい何が起こっているのか?

今年のアメリカは、過去10年で最悪のフルーシーズンとなっている。6万1000人が亡くなった2017~18年や、同様に最悪だと言われた2014~15年と比べても感染拡大の勢いが強い

特に米国では、今シーズンのインフルエンザが小児や若者を襲っています。これまで54人の小児がインフルエンザ関連で死亡

B型インフルエンザが子供により深刻な影響を与える理由は不明ですが、一部の専門家は、B型インフルエンザは他のインフルエンザ株ほど変異していないため、おそらく高齢者は以前に感染し、ある程度の免疫力がある

■インフルの恐怖をもう一度確認したい

米テンプル大学医学校のマーゴット・サボイ医師によると、インフルエンザは日常性が高いことから、危険性が過小評価されがちだという

新型コロナウイルスによる死者は132人に、感染確認された患者の数は5000人を超えたとされるが、比較すればアメリカのインフルエンザの被害の方が、死者数では62倍以上、感染者で3000倍と、はるかに大きい

「私たちは未知のものを恐れ、新しい新興の感染症についての情報を求める」「何が真の脅威で、何がそうでないのか、私たちはすぐには判断できない。だから、必要のないパニックを起こすことがある」

■ちょっと怖いニュースだ…

@smith796000 インフル3000人の死者の方がかなり怖い。アメリカでも相当なくなってるしな。確か風邪の特効薬って作ったらノーベル賞とか言われてなかったか、、新型コロナは各国が解析に成功してるということは簡単な構造なんだろうな。

そうそう 今アメリカではインフルが大流行で人がどんどん死んでます(それは知ってたニュース) 新型肺炎は年齢が上な方が死んでますが、インフルは赤ちゃんから若い人 高齢の方も全年齢で亡くなってるからインフルの方が怖い

中国のコロナも怖いけど、アメリカのインフルもとても怖い 地球が人類を滅ぼそうとしてる

1 2