1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●コカイン使用の疑いで逮捕されたピエール瀧氏

【常習的に使用か】ピエール瀧容疑者「20代の頃からコカイン使用」 news.livedoor.com/article/detail… 調べに対し、「20代の頃からコカインや大麻を使っていた」と供述しているという。読売新聞が報じた。 pic.twitter.com/0eNk6rScDq

厚生労働省の関東信越厚生局麻薬取締部は2019年3月12日夜、コカイン若干量を使用した疑いでピエール瀧容疑者を緊急逮捕

また、瀧容疑者は自宅を捜索された際、尿検査に応じる前からコカイン使用を認めていたこ

●昨年4月4日には、ピエール瀧被告が東京湾岸警察署から保釈

ピエール瀧被告が保釈 深々と頭下げ謝罪 oricon.co.jp/news/2132857/f… 報道陣の前に姿を現したピエール瀧(本名・瀧正則)被告は「この度は私、ピエール瀧の反社会的な行為で多くの方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。 #ピエール瀧 #電気グルーヴ pic.twitter.com/BOfhhmObs6

「この度は私、ピエール瀧の反社会的な行為で多くの方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と述べ、約30秒にわたって深々と頭を下げた。

●昨年6月の公判では、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡された

判決公判が18日、東京地裁で開かれ、小野裕信裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

裁判官は「ミュージシャン中心の活動から映画やドラマなどにも活動の幅を広げたため私生活が圧迫され、

ストレスを解消するために映画を見たり音楽を聴いたりしながら一人で使用していた」と指摘

裁判官は「芸能界に復帰できるかどうかは分かりませんが『薬物を使用していなくてもいいパフォーマンス』と思われるように願う」と説諭

●そんな中、ピエール瀧氏に俳優業再開が報じられた

・映画「ゾッキ」(来年公開)の撮影に参加するという

・映画「ゾッキ」とは?

脚本は、監督たちの感性や原作の作品性を大切にまとめ、舞台演出家・劇作家の倉持裕氏が担当。

監督を務めるのは、竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人。「絶対、実写映画化したい!」という竹中が山田と齊藤にオファーしたことから共同制作が決まったという。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

1 2