1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いつの間にか…。日本人の〇〇離れが時代の流れを象徴してた

日本人の文化が時代の流れと共に変わってきているようです。それが〇〇離れという形で表れています。

更新日: 2020年02月05日

11 お気に入り 82281 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■日本人の「仏壇離れ」が深刻に

「仏壇が家にある」という回答はいずれの調査結果でもおおむね40%という数値がでています。ちなみに、子供のころに「仏壇があった」という回答は66.2%

仏壇を置かないという選択も多いのが現状で、先祖や故人をしのぶ習慣が希薄になりつつある

■当然、「仏間」を作らない家も増えている

仏間とは、仏像や位牌を安置する部屋のことです。さらには、本尊である仏像や先祖の霊が宿るとされる位牌を納める、仏壇を安置する部屋でもあります

2人以上世帯に暮らす全国30~60代男女600名を対象に、「あなたのご自宅に仏壇はありますか?」と聞いたところ、「ある」と答えたのは4割に

仏壇が大きく変貌を遂げている。住居の洋風化が進み、仏間のない家が増えるにつれ、コンパクトで家具と調和するデザイン性が重視

■仏壇の在り方が変化している

スペースを取りすぎないように考えて設計された仏壇もあり、扉が上に開く仏壇や、壁かけタイプの仏壇も

最近はこのような仏壇を設置する方が増えているようです。

“どこにでも置けて故人をより身近に感じられる”、“どんなインテリアにもフィットする”仏壇をゼロからデザインしようと思い立ち、仏前に立って故人に呼びかけると、センシング技術により認識して遺影が現れる

↓下に続く

遺影、位牌、おりん、お線香の機能を内蔵している「コハコ」は、幅200mm×奥行200mm×高さ280mmと電気ポットほどの大きさで、家電のようなシンプル外観ゆえ、どんな部屋にも合うデザイン

このような仏壇の代わりとなるアイテムが流行っているようです。

■次に「日本食離れ」

近年顕著なのは、“和食離れ”。「生活定点」の調査で、「和風の料理が好き」と答えた人は、1998年には65.8%いましたが、2018年は45.0%へと激減

中でも落ち込みが著しいのが、定食の名脇役であるはずの漬物。「漬物が好き」と答えた人は、1998年の64.8%から、2018年には44.0%と、20.8ポイントも下落

家庭では手間のかかる和食は敬遠され、調理師学校では日本料理を専攻する若者は圧倒的少数。また、米や味噌、和野菜の消費量は減少

■「グルメサイト離れ」もヤバいみたい

「利用頻度が減った」が16%、「まったく利用・閲覧しなくなった」が3%で、「利用頻度が増えた」と回答した10%を上回る結果

グルメサイトの評価や表示順位を「信頼していない」と答えたユーザーの割合は、実に3割近くに達する

■グルメサイトの信用が一気に低下している

渋谷で痛い目にあってから信用してない 2020年は”グルメサイト離れ”が進む? 「信用していない」「公平性・透明性を高めて」という声 記事に、「レコード大賞と同じなのがバレたね」「人が沢山いるからって美味しいとは限らないし」など- Togetter togetter.com/li/1452833 @togetter_jpより

金を積めば積むほど評価がよくなる某グルメサイトなんて信用してないわな #stby954 #TBSスタンバイ

100%信用してない(⚭-⚭ ) 掲載の金払ったら点数上げるとかそんな事やってるグルメサイトだらけだからな。 みんな知ってて検索見てるのも悪。 https://t.co/IpFPcBhHAd

1 2