1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

足の冷えはつらい…

「まるで氷水に浸かっていたみたいに冷たくて、温めても温まらない!」
そんな表現がピッタリくるほどの「足の冷え」に悩んでいる人もいる。

湯船でしっかり温まったはずなのに、髪の毛を乾かしているうちにあっという間に足が冷えてしまう、なんて方も多いのではないでしょうか。

足が冷える原因は?

自律神経の働きに、体温を一定に保つため血液の流れる量を変化させるという機能が含まれています。

冷え性のおもな原因には自律神経の乱れや血流の悪化などが挙げられますが、「筋肉量の不足」も大きな原因のひとつ。

体の一番下に位置する足、さらに末端部位である足先は、もともと血流が悪くなりやすく、冷えやすい部位。

対策方法は?

【わたしのおススメ美容法】 寒さで全身の血行が悪くなる季節は 寒さが原因で 肩こりや足のむくみ、頭痛、冷え性、肌荒れなど 様々なトラブルを引き起こします このようなことから 冬の健康対策は血行促進が基本となります。 夏もエアコンでの冷え対策が大切です!!

◆足指・足首をほぐす

デスクワークでも立ち仕事でも、基本的に長時間同じ姿勢を取り続けている状態は、血行不良を招き、足の冷えを引き起こす要因になります。
数時間に1度はデスクを離れ、歩くようにしましょう。

椅子や床に座った状態で足指と足首を揉みほぐすことで、血流を良くすることができます。

筋肉を動かすことは血液を押し流す作用を高めることにつながります。どうしても動けない状態であれば、こまめに脚やふくらはぎをマッサージするだけでも血流の改善につながります。

◆ふくらはぎの筋トレをする

ふくらはぎの筋肉はカラダの最下部にあり重力の影響を受けるため、冷えや同じ姿勢を長時間続けることなどで滞った余分な水分などが溜まりむくみやすい場所

① 椅子や壁につかまって立つ
② かかとをあげる
③ ゆっくりかかとを床におろす
④ ②〜③を10回繰り返す
※壁に手を添えたり、何かにつかまって行うと安定してできます。
※歯磨きをしながらや通勤電車でつり革につかまりながらの「ながら運動」におすすめです。

◆下半身を温める暖房器具を使う

下半身、特に足を冷やさないためには、暖房器具にも気を遣いたいところ。家ではエアコンよりも、下半身を集中的に温める床暖房やコタツを、オフィスではパネルヒーターやデスクヒーターを活用しましょう。

◆お風呂は38~40度でゆっくりつかる

熱めのお風呂にサッと入るだけだと体の内側まで十分に温まらず、湯上りに体が冷めやすくなります。目安としては、38~40度くらいのお湯にゆっくりと時間をかけて浸かった方が、冷えには断然効果的。

冷え症で足がキンキンに冷たいから足湯バケツ引っ張り出してやってみた。柚子茶のんで深呼吸 #冷え症 #足湯 #ゆず茶 pic.twitter.com/KAi0PSTqD9

冷え性おすすめ対策は、お風呂にゆっくり入るのが効果的です。その中でも胸から下の下半身だけお湯につかる「半身浴」は冷えやすい足もよく温まります。冬場は38度~40度ぐらいのぬるめのお湯に20~30分、下半身をじっくりとつけていると、どんどん汗が出てきます。

◆食材にも注意

1 2