1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【注意喚起】無料マスク配布メールは気を付けて。

新型肺炎に便乗の偽メールが確認されています。実在の保健所もあり巧妙です…注意してね。

更新日: 2020年02月06日

4 お気に入り 17612 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎拡大を続ける新型肺炎、コロナウイルス

その影響は中国とその周辺諸国から世界的に広がっており、世界保健機関WHOは「世界的な緊急事態」を宣言

▼新たに、クルーズ船より10人の感染が確認された

厚生労働省は6日、船内の有症者らに対するウイルス検査で新たに10人が陽性と確認したと発表した。

感染者は計20人となり、さらに増える恐れがある。乗客乗員約3700人は依然船内で待機。

▼そんな中、マスク不足につけこむ偽メールも見つかる。

#新型コロナウイルス に乗じた犯罪が全国で発生 「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付確認をお願いします」というメールに記載されたURL経由で不正アプリを導入してしまうと、自身が新たにフィッシングメールをばらまく発信者になってしまいます。(山形県警) pic.twitter.com/0GyFFrmCH8

SMSを利用して偽ページに誘導する不正メールにご注意下さい! マスク等の対策物品を販売しているように見せかけ、代金や会員登録時の個人情報、クレジットカード情報を盗み取ろうとする悪質なショッピングサイトも確認されているようですので、ご注意ください。 pic.twitter.com/8TIOCd4JSF

保健所を装った偽メール、マスク 無料配布などの内容… 絶対に開かないでください。

▼さらに、保健所を名乗る成り済ましメールも…予防対策通知

新型コロナウイルスに関する予防対策通知を用いた手口が1月28日前後から利用されています。

万一ファイルを開き、マクロを実行してしまうと、EOMTETに感染してしまう危険性があります。

保健所をかたった偽メールは件名や本文を変えながら断続的にばらまかれていて一見しただけでは不自然な点は少なく、不審と判断するのが難しいということです。

新型肺炎予防呼び掛けるウイルスメール 開くと感染の恐れ 実在保健所名乗る|BIGLOBEニュース news.biglobe.ne.jp/domestic/0201/… pic.twitter.com/e2sSFChXbk

コロナウイルスを悪用し 保健所を名乗った詐欺メールが発生しているそうです。 絶対に開かないように‼️ 添付ファイルを開くと個人情報を抜き取られたりウイルス感染の恐れがあるそうです。 #コロナウイルス #メール詐欺 #保健所 #感染 pic.twitter.com/9MRSJJ59wn

▼Apple社の偽サイトも用意されている…巧妙です。騙されないで!

iOS端末の場合はApple社を偽装したフィッシングサイトに誘導され、Apple IDやクレジットカード情報などが詐取されます

アップルっぽいこのメール。 『ご利用のApple IDがブラウザ上のApple Storeへのサインインに使用されました』 偽サイトですから!気をつけて-! Apple ID入力しちゃうと抜き取られます。 そもそもApple Watchに文字がかかっちゃってるなんて、そんなことAppleさんがするわけないじゃん pic.twitter.com/ESyp0XUocY

こんな感じで巧妙です。気を付けて!

◎偽情報には注意して、公式サイト等を参考にしてね。

1 2