1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

手術もできない…マスク特需で医師から嘆きのツイートが連発

マスクパニックにより、絶対に必要な医師にマスクが行き届かない…という状況が起きつつあるようです。

更新日: 2020年02月06日

8 お気に入り 44826 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■新型コロナウイルスによってマスクが足りない状況が

新型コロナウイルスの感染拡大により国内の家庭用マスクが品薄となっている

入荷したばかりのマスクを求めて行列ができ、店内には「商品が非常に入手困難な状況でございますので、ひと家族さま1点限り…」というアナウンスが

■その影響が医師にまで

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが品薄の状態になる中、一部の医療機関では感染予防のためのマスクが入荷できなくなるなど影響が

医療機関向けのマスクが品薄状態になっている。患者との接触が多い病院や消防は普段から備蓄しているが、納入が難しくなっているという

需給が逼迫(ひっぱく)する中、業界団体は「医療活動に支障が出てはいけない。品切れは許されない」と力を込める

■マスクも消毒液もない…

卸売り会社から「マスクや手指の消毒液などの感染予防商品が、全品在庫切れになっている」と書かれたファックスが

業者から告げられた。病院と倉庫に一定数のマスクを保管しているが「何カ月もこの状況が続くと厳しい」

医療現場向けに加え、薬局などが扱う一般消費者向けのマスク製造にも追われており、需要に供給が追いついていない

■ネット上には医師及び周辺からの嘆きの声が

マスク無くなったら小児科は休業してもいいですか 唾液鼻汁涙液胃液その他あらゆる体液の飛沫物を遠慮なくこちらの顔へ叩き込んでくる小児相手にノーマスクではさすがに戦えないですし、逆に易感染性の権化ともいえる新生児相手にノーマスクで戦うわけにもいかないのです

手術室のマスクが足りなくなっててマジで大変なので、やめてほしい以外の何者でもない…… https://t.co/lXqb2o7LF0

病院で使用するマスクすら入手困難。 手術と清潔操作時だけしかマスクを着けちゃいけないってなるかも。 消毒薬もいつ入手困難になるかわからないから、使った方が好ましいとされる場面での使用は控えて、本当に必要な時しか使わないでってなった。 通常の感染管理が維持されなくなってきてる。

マスク、アルコールが大学病院病院レベルで不足してかなり困ってる。 外科手術にも影響出始めてると勤めてる人から複数聞いてる。 中国から1億枚とかとんでもない注文来てるみたいだけど、先ずは国内需要を優先して、申し訳ないがただ単の旅行者には販売を拒否して欲しい。それくらいの事態。

旦那の勤める病院(3次救急) もうすでに医師や看護師のマスクが制限されてマスクがないそうです。 ICUとオペ室、カテ室のみマスクの使用を許され、外来や病棟でも病院のマスクは使えないそうです。使いたければ自分のマスクを持参するしかないと。 そんな中、輸入元の中国にマスクを送るなんて‥怒 https://t.co/t3ZkwNJVrH

ただ今入院中なので外来界隈に出入りしなきゃいい話ですがいよいよ医療用マスクの供給も不足してきてスタッフ一同お困りの様子。スタッフ用に常備してる分まで患者や出入りしてる人が無断で持ち出すそうで。日本人のモラルなんてそんなもんよね。バレなきゃいい、がバレてもしらを切ればいいになつた。

■当然だが、中国の医療現場でも不足している

感染者が最も集中している中国・武漢市の病院が医療物資不足で医療物資の提供と寄付を呼びかけている

武漢市だけではなく、中国国内の他の地域の病院でも相次いで医療物資の提供と寄付を呼びかける異例な事態となっている

現時点で、生産能力は60%まで回復したが、N95医療用マスクは1日当たり60万枚しかなく、なるべく第一線で働く医療関係者のために確保すべきといわれている

■更に介護などの現場でも

1 2