1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「新型肺炎」警告の中国人医師が死去‥この報道に色々な声が出ている

新型コロナウイルスについて最も早くから警告していたとされる中国人医師、李文亮氏が死去したと報じられました。

更新日: 2020年02月07日

7 お気に入り 39962 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●中国湖北省武漢市で集団発生している「新型肺炎」

●感染の拡大が続き、死者600人を超えている状況

中国の保健当局は新型のコロナウイルスに感染した人が6日、新たに3143人確認され、3万1161人になったと発表

また、死亡した人は、湖北省で69人、吉林省と河南省、広東省、それに海南省でそれぞれ1人増え、合わせて636人となりました。

●そんな中、新型肺炎に警鐘鳴らしていた中国人医師が死去

新型コロナウイルスについて最も早くから警告していた1人である中国人医師、李文亮氏が7日、死去した。

・医師は、同僚に警告メッセージを送っていたという

昨年12月30日、李医師はチャットグループに入っている同僚の複数医師に対し、アウトブレイクが起きていると警告するメッセージを送信。

市当局が「原因不明の肺炎患者発生」を発表する前に「重症急性呼吸器症候群(SARS)の再来」をネット上で警告し、警察に一時拘束された医師の一人。

患者のサンプルからSARSのようなウイルスが確認されたことを示すテスト結果の写真も投稿

・しかしデマを流したとして、警察当局から訓戒を受けていた

李氏のソーシャルメディアアカウントによれば、その数日後、同氏はデマを流したとして警察当局から訓戒を受けた。

こうした違法行為を続ければ、刑事責任に問われる可能性があると通告したという。

中国の最高人民法院(最高裁)はその後、警察が李氏に対して取った行動は不適切だったとの見解を示した。

・医師は、2月1日に新型肺炎と診断された模様

この時、李医師はこの病気がまったく新しいウイルスによるものだとは知らなかった。

李氏は1月12日に発熱などを訴えて診療を受けた。2月1日に新型肺炎と診断された。

The story of how China announced the death of Dr Li Wenliang & then allegedly told doctors to put his body on life support & say he was ‘critical’. A grotesque end to the story of a brave man who tried to warn about the coronavirus & has now died from it. Produced @brysonandy pic.twitter.com/yy4hngupl0

・医師は、ウェイボーでも「院内感染はない」などに疑問を呈してた

1 2