1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広告スクリプトも有罪なの…?Coinhive事件の逆転有罪判決に反論続出

Coinhiveは仮想通貨を採掘するツール。警察は無断マイニングは不正指令電磁的記録(ウイルス)供用や保管などの疑いがあると主張。

更新日: 2020年02月07日

3 お気に入り 2630 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

そもそもCoinhiveとは?

Coinhiveは専用のJavaScriptコードをWebサイトに埋め込むと、閲覧者のPCのCPUパワーを活用し、仮想通貨を採掘する仕組み。

男性は2017年9月下旬から、広告に代わるサイト収益化の手法として、自身のサイトにCoinhiveを1カ月間ほど設置していた。サイト内には閲覧者にマイニングを実行することへの同意を得る仕組みはなかった。

マイニングの報酬は男性とCoinhive開発元が分け合う仕組み

警察は同ツールを無断でユーザーにマイニングをさせていることが不正指令電磁的記録(ウイルス)供用や保管などの疑いがあると判断した。

刑法上の不正指令電磁的記録(ウイルス)とは?

人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録

一審では無罪だった

横浜地裁は3月27日に無罪を言い渡した。

判決は、コインハイブを「人の意図に反する動作をさせるプログラム」と反意図性を認める一方、

消費電力の増加や処理速度の低下といった閲覧者への影響は、Webサイトに表示される広告と比べても「大きく変わらない」と判断。

判決では「(Coinhiveが)不正な指令を与えるプログラムに該当すると判断するには合理的な疑いが残る」としている。

Coinhiveが逆転有罪に!

2月7日に東京高裁で判決が下った。

栃木力裁判長は、男性に無罪を言い渡した一審横浜地裁判決を破棄し、罰金10万円の逆転有罪とした。

「コンピューターウイルスとは使用者のパソコンを破壊したり、情報を盗んだりするプログラムに限定されない。今回のプログラムはウイルスに当たる」と判断。

2審の判決では「プログラムはサイトを見た人に無断でパソコンの機能を提供させて利益を得ようとするもので、社会的に許される点は見当たらない。プログラムによってサイトを見た人のパソコンで電力が消費されるといった不利益が認められる」と指摘した。 www3.nhk.or.jp/shutoken-news/…

判決に被告の男性は…

残念ですが、本件の高裁判決は有罪となりました。ただ、当協会は最高裁まで支援致します。 bengo4.com/c_23/n_10741/

Twitterでも判決に異論が出ている…

Coinhiveの論点 1.当該PGは広告を出す代りにwebページから利益を得る仕組 2.負担は広告と変わらず遷移したら動かなくなる 3.一般的に利用されるwebページを開いた時に利用者のPC上で動くJavaScriptで書かれている 4.”意に沿わず”が明確に定義されていない 5.逮捕に事前警告がない #coinhive #逆転有罪

coinhive高裁で有罪判決ってマジかよ……。日本ではJSを利用したWebサービス開発は違法ですというのに近いぞ……。

他人のPCで採掘はおかしいといってる人がいるので言っときますけど、Coinhive事件の判決でCoinhiveが違法で使えなくなるなら分かるんですよ。でも今回の場合、CoinhiveじゃなくてCoinhiveを動かしている技術であるJSが使えなくなる可能性がある。これがやばい。

「だからCoinhiveも許容されるべき」と言っている訳ではなくて、もしCoinhiveが有罪なら、Web広告とCoinhiveの間に根拠のある明確な境界線を引いてくれないとダメでしょという話。今回の判決での裁判長の指摘では、「他人のPCのリソースを利用して利益を得る」Web広告との差別ができてない

皮肉るわけじゃないけど、日本の場合は革新的なサービスは=犯罪行為となってしまうことが多い気がする。だからITが伸びない気がするんだよね 他の国はどうか知らないけど、こういう環境だから日本発のプラットフォームは育たないよね…出る杭は打たれまくる。天才は海外に逃げるしか #逆転有罪

conhiveの裁判 2審で有罪になったらしいぞ コレで日本で一般社会に許容されないコードを書くと無条件でしょっ引かれるヤバい世界の完成だな bengo4.com/c_23/n_10741/

1 2