1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

世田谷区と言えば…「おしゃれな街」

世田谷区は、多摩川沿いの緑地から、おしゃれなカフェやショップが集まるアーバン ビレッジ、下北沢にかけて広がっています。

東京23区中でもっとも人口が多く、2番目に広い区だ。大きい区なので、閑静な住宅街もあれば、にぎやかな学生街、若者が集まる街もある。

SNSで話題の「さすが世田谷」と言いたくなる猫よけ

これは、スペイン産のミネラルウォーター「ソラン・デ・カブラス」。ナチュラルローソンでは500ミリボトルが140円(税抜)で販売されている。極端に高価というわけでもないが、水としては安くない。

これに対してネットの声は…

そもそも猫よけにペットボトルは効くの?

いつのまにか世間に広まった猫よけペットボトルは、まったく効果がないことが判明しています。猫はそのペットボトルを踏んづけて通っていきます。

最初のうちは効果があったようですが、猫がすぐに慣れてしまったことや、日照時間などを考慮すると光があたる時間自体が少ないことがわかってきました。テレビ番組の実験でも、猫を遠ざける効果はなしという結果が出ています。

トイレに行っている間に席を取られないよう、猫よけのペットボトルを置いといたけど、取られた。 pic.twitter.com/KoajSW4tDa

RT 水入れたペットボトルが猫よけにならないのはいつになったら周知されるのか…

猫よけのペットボトルって実際効力あるん?ないような気がする

猫よけの ペットボトルが 効かない証拠です。 なぜ家の中にあるかと言うと ダンベル にしてるからです。 pic.twitter.com/bUYtx6GaeX

日が当たって火事を起こす可能性も

猫よけなの?そんなに猫来るの? 2/2はニャンニャンの日だからなの?なんなのこれ pic.twitter.com/Ht0bMZGZ0G

猫よけのペットボトルとか透明なガラス花瓶とか、金魚鉢でも収斂火災が起きるそうだ日当たりのよい場所に置きたくなるものだけに気をつけたいものである

@datsuraku_dawn @DC4hamadamiplay ベランダに置いた 猫よけのペットボトルや 金魚鉢に太陽光があたり 虫眼鏡効果で火事になる事例も多いですから 火の用心な季節ですね

1 2