1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

打倒Amazonを目論む「ショッピファイ」のサービスが面白いかも

カナダ発の企業「ショッピファイ」のサービスが注目されています。

更新日: 2020年02月08日

14 お気に入り 10037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■通販の絶対的な王者「Amazon」

アメリカはもちろん、世界のあらゆる地域のEC市場をAmazon抜きに語ることはできません

ブランドファイナンス社が発表した2020年のブランド価値ランキング「グローバル500」でアマゾンが史上初めて2千億米ドルを突破、1位に輝いた

プライムは、日本では2007年に始まり、販売者や消費者のあらゆる欲求を満たしながら日本列島をのみ込もうとしている

■このAmazonの座を狙おうと虎視眈々と各企業が。まずは「ショッピファイ」

インスタグラムとショッピファイが手を組めば、Amazonの対抗馬として最有力の存在になれる

■ショッピファイはどのようなサービスを提供しているのか?

現在の小売業界では、あらゆる製品カテゴリーにおいて、実店舗からオンラインでの直接販売へと切り替えが進んでいる

1つのプラットフォームで誰にでも、どこからでも商品を販売。ネットショップやSNSを使用してオンラインで販売することも、POSを使用して実店舗で販売することもできます

ショッピファイは、オンライン販売を行いたいと考えるスモールビジネスや家族経営の小さな店に向けて、「ウェブ店舗」を提供する企業

■手軽に自社販売サイトを作り上げることができる

ショッピファイでは、小売業者が自らの製品を「自らの」ウェブサイトで販売するための支援を行う

初心者にもエキスパートにもぴったりです。オンラインで販売するために必要な全ての機能があります。Shopifyはネットショップを始めるときに困る全てに対応

Shopifyはとりあえずこの金額でサクッとできるから、まずは契約して運用して、実際に商品を送ってみる。そしてお客さんの反応を見て、サイトをつくり込みたかったらパートナーさんに相談してみる

■大きな転換点になりそう?

アマゾンキラー!!「ショッピファイ」 楽天が、独占禁止法の問題で揺れる中 新しい、ビジネスフォーマットの形態が出てきましたね! 大手通販より、自社サイトで買った方がお得ですと、そっちを見に行ってしまいそうですね! 大きな転換点になるのでしょうか?? #wbs pic.twitter.com/tcvnRikeU5

売れても売れなくても定額料金なんだね。 出店料金のみのサイト「ショッピファイ」 なるほどね・・・・ #wbs

自社サイトec化ね。 ショッピファイねー #wbs 楽天のデザインはそもそも営業コンサルが杓子定規に提案してくるだけで、楽天メソッドのデザインになっちゃうからね

■続いて新星となりそうなのが「Zホールディングス」

「打倒アマゾン・楽天」は悲願。ヤフーはZOZOの顧客基盤を取り込み、注力するスマートフォン決済との連動でネット通販を強化

ヤフーは高収益のインターネットモールであるZOZOTOWNだけでなく、これと同じZOZOの物流インフラもワンセットで手に入れることに

1 2