1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

死者数はSARS超え…国内各方面へのコロナウイルスの影響まとめ

コロナウイルスの影響によりあらゆる業界で経済活動や観光にも影響が出ているようです。

更新日: 2020年02月09日

4 お気に入り 13095 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

コロナウイルスの感染が拡大

naokana135さん

世界中に感染が拡大しているコロナウイルス

中国以外で新型コロナウイルスへの感染が確認された国と地域は27に上り、感染者は合わせて354人となっています。

感染が報告された件数は、わずか2カ月足らずで3万7000件余りに達した。

日本が集団感染が確認されたクルーズ船の64人を含めて、合わせて90人となっています。

◇死者数810人超でSARSを上回った

新型コロナウイルスによる死者数が810人を超え、2002-03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の死者数を上回った。

中国国家衛生健康委員会によると8日時点で、中国本土の死者数は811人、感染は3万7198件が確認された。

中国以外での死者数は2人。SARSの場合は、8カ月間に全世界で約8100人が感染し、774人が死亡していた。

◇横浜港沖に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では64人の感染を確認

新型コロナウイルスの集団感染が確認されているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、新たに3人が感染していたことがわかった。

クルーズ船が横浜港沖に停泊して以降、乗客と乗員で感染が確認されたのは64人となりました。

厚生労働省は残る3600人余りの乗客と乗員については、今後も引き続き船内にとどまり、原則として今月5日からの14日間は、客室などで待機することを求めています。

◇クルーズ船の予約キャンセルが相次いでいる

大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号内で新型肺炎の感染が広まり、多くの乗客が船内に隔離されている事態を受け、別のクルーズ船の予約キャンセルが相次いでいる。

日本への寄港見合わせも相次ぐ。国土交通省によると、昨年末時点では、今年2月中にクルーズ船が延べ計123カ所に寄港する予約を入れていたが、5日時点で75カ所に減り、その後もキャンセルが続く。

◇日本企業への影響も深まっている

感染の拡大が続く新型のコロナウイルスによる日本企業への影響が深まっています。企業の中には10日から工場の再開を予定しているところがありますが、部品の確保などに懸念の声も強く、早期に正常化できる見通しは立っていません。

新型コロナウイルスの感染拡大が、日本企業の経済活動に影響を及ぼしている。合わせて41社の上場企業が、新型コロナウイルスの影響を受け、対応に追われていることがわかった。

ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは中国のおよそ750店舗のうち、7日時点でほぼ半数にあたるおよそ370店舗が休業するなど、営業面の影響も広がっています。

◇マスクの品薄が各方面にも影響を与えている

新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、国内の一般用と医療用のマスクは、メーカーの在庫がほぼ無くなり、中国からの輸入も停滞して品薄状態が続いています。

農業現場にも影響がじわり広がってきた。豚熱や鳥インフルエンザなど家畜伝染病に対応する畜産農家や、食を扱う加工施設では必需品だが、「品不足で今後が心配」との声が出始めた。

一般用マスクの購入機会を逃した客が、ホームセンターや作業用品店などに商品を買い求め、建築・解体の現場で使う簡易防じんマスクが品薄になっている。

1 2