1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

洗濯機が何か匂う…

洗濯をしようと洗濯機のフタを開けた瞬間になんとなくイヤな臭いがした…。 そんな経験はありませんか?

朝から気持ちよくお洗濯!と思っていたら、洗濯機から「イヤな臭いが…」なんてことはありませんか?
洗濯機の臭いは洗い終わった衣類や、タオルに移ってしまうこともあります。

なんで匂うの?

洗濯機のイヤな臭いの1番の原因は「カビ」ですが、他にもさまざまな原因があります。
生臭いのは「雑菌」、下水臭いのは「排水トラップ」が臭いのもと。

洗う前の洗濯物に含まれる水分や汗、皮脂などの汚れが栄養分となり、風通しの悪い密閉空間が湿度を上げることで、菌が繁殖する環境が作り出されてしまいます。

洗濯槽の裏側は、溶け残った洗剤や洗濯物の汚れがこびりつきやすく、もともと湿度が高いということもあって、黒カビが生えやすい場所です。

匂わなくするためには…

◆濡れたままの洗濯物を放置しない

洗濯機からの雑巾のような生臭いにおいは、洗濯槽で繁殖している雑菌が原因です。

濡れたままの洗濯物は、見事に雑菌が増える条件を満たしてるのです。密閉された洗濯機の中ともなれば、まさに雑菌にとってこの上なくよい環境を作り出してしまっていることに。

しかも一度雑菌が繁殖すると、しっかり除菌しなければ繰り返し臭いが出てきてしまいます

◆洗剤は適量を守る

「たくさん洗剤を使った方が汚れが落ちる気がする」という理由で洗剤の量を規定より多く入れていませんか?
かえって雑菌が繁殖するので逆効果なんです。

汚れを落としたいからといって規定以上の洗剤を入れると、溶けきらなかった洗剤が洗濯物や洗濯槽に残りやすくなります。

◆洗濯槽を定期的に掃除する

洗濯槽の中は思いのほか汚れた溜まっているもの。汚れに気づかずそのままにしていると、カビ臭さの原因になってしまいます。

水分が蒸発しにくい洗濯槽の裏はカビが発生しやすく、洗濯のたびに溶け残った洗剤や衣類の汚れが溜まってカビの温床に。

市販されている酸素系漂白剤で、定期的に洗濯槽を掃除しましょう。
適切な掃除の頻度は汚れ具合によって異なりますが、湿度の高い夏の時期や梅雨は月に1回、冬やカビの発生が少なくなってきたら2〜3ヶ月に1回を目安に掃除すると良い。

激落ちくんの酸素系漂白剤で洗濯槽掃除中。 洗濯機についてる洗濯槽掃除機能使ってても、これだけの汚れがある。 気持ちわりーっ! でも気持ちいいーっ!! pic.twitter.com/hkePZ2oKbX

◆排水溝も手入れをする

1 2