【52歳にしては老けている】
ハゲはもちろん、ほぼ白髪が不自然。
阿笠は52歳なのだが、むしろ老けている。烏丸蓮耶が7歳に若返って、その時に阿笠は0歳だと解釈すると、現在の肉体年齢が59歳となり、まだ納得できよう。

【ベルモット】
20年前から年を取っていない。つまり、20年前には、それなりの技術があったと言える。現在はクリスという名前で活動していて、アガサ・クリス(ティ)という名前になる。ボスであるアガサの娘かな。阿笠の叔母・定子(さだこの別読みで「ていこ」:てい → ティ)なんて思考も成立する。

【戸籍を用意する阿笠】
もうこの時点で黒の組織に準じる悪党であることは確か。
次のどっちが納得できる?
・阿笠は悪党だけど、あくまで一員であってトップではない
・阿笠は組織のトップ

【作者の言葉は謎掛け】
作者の言葉を論理学的に分析する必要がある。
作者の言葉が「黒幕は阿笠博士じゃないよ」ならば、阿笠博士の定義から再構築が必要。「阿笠博士=精神=烏丸蓮耶が7歳に若返った後の人生」と定義した場合、「黒幕は阿笠博士じゃないよ」は嘘ではなくなる。また、阿笠博士という別人に成りすました烏丸蓮耶という設定でもいい。眼鏡のデブ・オッサンは阿笠博士ではないという演出だ。

【作者は黒幕を変更していない】
阿笠をブログで否定した何年か後の作者の言葉に「設定は全部作ってある」みたいなのもあり、「変更」は考えにくい。「追加」ならばあり得る。例えば、読者に阿笠の正体がバレてしまったので、「二重人格」という追加を実施したのだ。

作者は黒幕が阿笠という設定で、色々と表現・演出を実施してきた。それを無駄にすることは考えにくい。ただし、「阿笠博士というのは人格であって人物ではない」という設定追加はあり得る。

【ファンの意見】
阿笠説を断言できなくても、「阿笠が黒幕だったら面白いのに、なんで作者は否定しちゃったの?」のように語る人は目立つ。阿笠以外が黒幕で、読者にとって面白いわけがないのだ。

【否定派の意見は無効】
否定派は多くの根拠に対して無視している。また、否定している内容も、却下できる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

阿笠博士が黒幕~黒の組織のボス・あの方の正体はアガサ博士【名探偵コナンネタバレ考察】

黒ずくめの組織・あの方の正体はアガサ博士だと解説。烏丸蓮耶の若返った体に阿笠博士の人格が宿った。否定説には意味が無いことも述べる。

このまとめを見る