1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『テルマエ・ロマエ』だけじゃない!「ヤマザキマリ」のおすすめマンガ

大ヒット映画『テルマエ・ロマエ』の原作者として知られ、新たに『オリンピア・キュクロス』がアニメ化される漫画家「ヤマザキマリ」のおすすめ7作品。『ルミとマヤとその周辺』、『イタリア家族風林火山』、『アラビア猫のゴルム』、『スティーブ・ジョブズ』、『プリニウス』。

更新日: 2020年02月11日

6 お気に入り 3588 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ルミとマヤとその周辺』

小さな姉妹・ルミとマヤ。北国の町に住んでいます。お父さんはいません。音楽家のお母さんは忙しいのでいつも二人ぼっちです。でも、淋しくなんてありません。ノスタルジックな昭和のストーリー!

テルマエロマエの作者ヤマザキマリさんの「ルミとマヤとその周辺」ていう漫画がめちゃめちゃいい!よつばと的ちびっこのお話でかわいいけど周囲の大人たちの生きる上で抱えてる事情を浅すぎず深すぎず描いててジーンときたり切なかったり。こういう漫画描く人だったのかー!

「テルマエ・ロマエ」や「プリニウス」とは異なる世界観。漫画家・ヤマザキマリ先生の「ルミとマヤとその周辺」第二巻も読了。大人はもとより子供の心の機微まで丁寧に描かれていて感銘を受ける。子供の大人への気遣い、子供は小さな大人なのだと。 pic.twitter.com/GhFUiIO2GN

私はヤマザキマリ先生の作品の中では「ルミとマヤとその周辺」が一番好きです。二人の幸せそうな姿を見ていると、こちらも子どもに戻って幸せな気持ちになれるので。 twitter.com/videobird/stat…

◆『テルマエ・ロマエ』

紀元前128年、第14代皇帝ハドリアヌスが統治し、活気に溢れているローマ。古き良き浴場を愛する設計技師のルシウス・モデストゥスは、職を失ってしまう。落ち込むルシウスは友人に誘われた公衆浴場から、突然現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい……!?

テルマエ・ロマエ、読了してしまった。 めっちゃ面白かった……どうやったら、こんな面白い話が思いつくんだwwww

【漫画】ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ全6巻」今更ながら読みました。浴場技師のルシウスという古代ローマ人が現代の日本へタイムスリップし日本の銭湯文化にインスパイアされるという。設定からして面白くしかならない。作者の知識とセンスが散りばめられてます♪

テルマエ・ロマエ最終6巻、改めて読みました。クライマックスを見事に締めてくださったヤマザキマリ先生に改めて感謝。名作漫画がまた一つ

◆『イタリア家族風林火山』

イタリア人男性と結婚し、イタリアで三世代同居を経験した著者がそのギョーテン生活をコミカル&リリカルに描きます☆ギャグタッチと写実的絵柄が交錯する新感覚コミック。

ヤマザキ先生のファンにおすすめ! イタリアの家族を読みながら笑ったり考えたりしてよくわかるイタリアの家族。リアルな話ばっかり。 ヤマザキマリ の イタリア家族 風林火山 (ぶんか社コミックス) amzn.to/2Ev0zfW

[kindleセール情報] イタリア家族 風林火山 amzn.to/1SVUx8a 本日限定299円。テルマエ・ロマエのヤマザキマリが書く、イタリア人との国際結婚。超絶面白いのでめっちゃオススメ。続編もあるよ

『テルマエ・ロマエ』で一躍有名になったヤマザキマリさんの『イタリア家族 風林火山』を読んだ。異文化に自分から突っ込んで道を切り拓いていくバイタリティ。コミュニケーション自体に保守的になりがちな自分から見ると、これは一種のヒーロー像ですらある。

◆『アラビア猫のゴルム』

シリアに滞在中に出会い、その後、イタリア、ポルトガルと共に暮らした愛猫ゴルムの目を通して描いた人間界やヤマザキさん一家の日常。

ナイス 【アラビア猫のゴルム(1) (ワイドKC)/ヤマザキ マリ】図書館本。当時のシリアの生活が描かれ、マリさんのねこ愛がさく裂してる。ねこの気持ちになりきって描かれていて素敵。猫は砂漠が起源… → bookmeter.com/reviews/861328… #bookmeter

@ifjapon @kadensha @IFJK_ @IFJ_Kyushu @institut_tokyo @kyotomm @ktqmm @JP_NISHI @honeyhoney13 ヤマザキマリさんはシリアで暮らした経験がありそれが反映された作品も!彼の地の知られざる日常が垣間見れてなかなか面白いのです。 『世界の果てでも漫画描き』https://t.co/8dhjHJtjde 『アラビア猫のゴルム』https://t.co/7l9Cd54Hei pic.twitter.com/6pXN57KqDw

漫画でシリアが舞台になったのを初めて読んだのは、ヤマザキマリさんの『アラビア猫のゴルム』でした。ヤマザキさんの旦那さんの歴史研究(シリアは古代ローマ時代の遺跡が多く残っている国)で滞在したシリアは平和で、住みやすそうな国として描かれていて、その後の内戦の予感など全く無い印象でした https://t.co/sqmxvq1ZdS

◆『スティーブ・ジョブズ』

ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!!

ヤマザキマリ氏の漫画作品「スティーブ・ジョブズ」って、今年の7月に完結してたんだな。最後泣けるわ・°°・(>_<)・°°・。

Amazon | スティーブ・ジョブズ(6)<完> (KCデラックス Kiss) | ヤマザキ マリ, ウォルター・アイザックソン 最終巻、読了。改めて人間って面白いな、と。iPhone購入後、世界変わった。ジョブズに感謝。 amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%8…

1 2