1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼裕福じゃなかったという倉科カナは、バイト漬け人生に絶望したらしい…

高校3年生のとき、ソニー・ミュージックアーティスツの「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。

2009年後期のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』に1775人の応募者の中から選ばれ、同年秋から2010年春まで主演(ヒロイン役)を務める

女優の倉科カナ(32歳)が、2月9日に放送されたバラエティ番組「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演。16歳のとき、人生に疲れてしまったと告白した。

両親の離婚をきっかけに貧乏生活に転落したそうで「あまり裕福じゃなかった。もう1円あればこれ買えるのにな、みたいなこともあった」という。

「朝学校行く前にバイト、学校終わってバイト。すっごい働いてたら人生つまらなくなってきて…」と、当時16歳にして「人生疲れたな…」と悟ってしまったと明かした。

妹役弟4人もいて家族のために17でバイト3つ掛け持ちとかすごいなぁこの人。 そんなに苦労人なのね。 #波乱爆笑 #倉科カナ

そんなご苦労してたなんて… 倉科カナ、家計を助けるために高校時代はバイト3つ掛け持ち「人生疲れたな…」(クランクイン!) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-…

倉科カナかわいい。いい子だな。貧乏で苦労したんだね。高校生で、バイト3つ掛け持ちはエラいよ〜 #波瀾爆笑

倉科カナかわいい32歳 デビュー前は3箇所バイト行って学校行って1円のお金で苦労する家庭にそだったなんて‥ 頑張り屋さんですね。 苦労した人は成功する

▼中学時代にいじめを受けたにこるんは、メンタルも崩壊…

モデルの藤田ニコルが、9日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00~7:30)で、中学時代にいじめられていたことを告白した。

「中学になったら違う小学校から来た人たちが『あいつモデルやってるらしいよ』って、先輩も含めてね」と空気が変わったことを説明し、「ちゃぁーんといじめられたよね」と振り返った。

藤田は「ボチボチ(メンタルは)やられてて、学校行く意味ないな〜と思って、勉強も好きじゃなかったから。ちょいちょい顔出すってくらい」と振り返っていた。

▼貧乏だったダレノガレの水筒には、アレが入っていたそう…

昼食の時間になり、まずはのどを潤そうと水筒を傾けると、中から出て来たのは「のびきって“細いヘビ”くらいになった極太のうどん」。

▼重盛さと美は貧しいあまり、自分のアレを食べていたそう…

1 2