1. まとめトップ
  2. おもしろ

『その人物、尊敬に値する…』にまつわるTwitter報告が素晴らしい

Twitterには様々な報告が溢れていますが、第三者の視点から見ても「その人物、尊敬に値する…」って感じさせる話にまつわるツイートを紹介します。

更新日: 2020年02月11日

48 お気に入り 79288 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが報告した「尊敬に値する人物」にまつわる話の中から、印象的な投稿をまとめました。

justastarterさん

◆『先輩』にまつわる話 その①

自称「私はかなり運が良い」先輩と朝から晩まで一緒に行動してみたら、彼女のずば抜けた運の良さを目撃する事はたったの1回もなく、代わりに、あまりに小さな事も幸運だと喜び周りの人の気分も引き上げる彼女の素敵な生き様を目の当たりにしてしまいましたよ。前向きさの選択は有用な知恵の1つだな。

@evahpfbgknrd とてもとても素敵な方ですね そのお方が幸運だと喜ばれたものには、例えばどんなものがあるのでしょうか?

@h0ney_girl_ レストランのテラス席が空いてる!程度の事でもこちら側も巻き込んで愉快な気持ちにしてくれる女性です。 素敵だなぁと思います

@evahpfbgknrd 自分を不幸にして不平不満の鬼と化すのも、幸せにして笑顔を絶やさないのも、所詮自分の心の持ち用なんだなと気づかせてくれるエピソードですね!

@evahpfbgknrd このツィートを読んでるだけでいい気分になるその先輩凄いですね

◆『先輩』にまつわる話 その②

事務所の洗面所のドアを開けたら、手洗い場を綺麗に拭き上げているサンドウィッチマン伊達さんがいた。 「まぁ、たまにしか事務所来ねぇからこれくらいはな。変なとこ見られちゃったなぁ」と照れ臭そうに言った。 なんてかっこいい先輩なんだろう。 pic.twitter.com/WwbJOlOKQg

@avocadohikaru 見えないところでもできる気遣い。人間性ですよね…素敵すぎる♥

@avocadohikaru 人間の真の姿は言葉の中ではなく行動の中に表れるんですよね。

@avocadohikaru 私の亡き母の口癖は「公共の場の洗面台を使ったら、自分が汚したのでなくても必ず綺麗に拭くのよ」 今でも守ってるので、伊達さんのような方がいらっしゃるのが嬉しくなりました。

@avocadohikaru 素敵なお話しですね☆こういった行動が一人でも公共の場での使用も沢山広まって欲しいですね☆私も使ったら綺麗にしようと思います☆

◆『夫』にまつわる話 その①

所ジョージは奥さんのご飯が1番美味しいから外食しないし、俺が選んだ人だから悪くいう方がおかしい、奥さん以外に綺麗な女なんか1人も居ない、子供と奥さんなら奥さんを大事にする、子供は血が繋がってるけど奥さんは他人だから大事にしないと関係が壊れる。所ジョージと結婚したかった

@gerigimichan 著書でも「奥さんは天使だ」と書いてました。素晴らしいですよね!

@gerigimichan 所さんの奥さんを怒らせてしまった時、 どんな理由であれ大好きな奥さんには笑顔でいて欲しいから怒った顔にしてる自分が悪いから自分から謝るってエピソード好きです。

@gerigimichan 以前、ロスで奥さまと買い物をされている所さんに遭遇しました。日本人観光客が「写真を撮っていただけますか?」と声を掛けると「コト(奥さんの買い物)が済んでからね」とお店の出入口で待っていらして、買い物を終えた奥さんの荷物を持ったまま記念撮影に応じてくださいました!!(*^^*)

@gerigimichan 俺が選んだ女性に「愚か」なんて付ける必要ある?と愚妻についてテレビで語ってらっしゃいました。 とてもステキだなと感じました。 愚妻、愚息などの正しい意味は分かりますが字面が美しくないのでこれを聞いてからテレビで愚妻を聞く度に所さんを思い出します。

◆『夫』にまつわる話 その②

普段怒らない夫がさっき息子を叱ってたんだけど、その叱り方がすごい 返事だけして頼まれ事を何もしない息子に 「返事だけして何もしない、そんな返事には何の価値もない」 と割と厳しめに叱り その後 「お母さんに頼まれるという事はそれだけ頼られてるということ」 (自己有用感)

「それにさっき妹のピアノ練習を手伝ってくれていたけど、あんなに上手にお父さんは教えられない、きみはすごい。」 (自己肯定感) 「頼られるという事はそれだけ信頼されているという証拠、やってみて出来なければ言ってくれればいいんだよ」 (失敗への安心感)

泣きながらごめんなさいを言う息子に、 「わかってくれたらいいんだよ」 「あと一つお願いがあるんだけど、お父さん洗濯機の乾燥ボタン押すの忘れちゃったから押してきてくれるかな?」 と言っていて、私がこんな叱られ方をして育ちたかったと心から思った。

私はつい、動かないことに腹を立てて、ガミガミ言って 「何であなたは○○しないの!?」とYouメッセージで責めてしまいがちだから、夫が居るときは基本彼に叱ってもらった方が子とも達にとってもいいのかもしれない。 できるだけ、Iメッセージで子どもたちに優しく伝えたいんだけど難しいなぁ。

ちなみに妹のピアノの話は、適材適所っていうところから出てきた話です。

ところで、何で何年も子育て一緒にしてるのに、夫の叱り方のすごさに気づかなかったかというと 夫と私とでは私の方が気が短いので、どうしても先に声をかけたり、叱ったり、それも上手くいかないと怒ったりしていたから 先日5~10秒私が我慢したら夫が声をかけていたのでそこから待つようになった

1 2 3