1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

多部未華子がダメ独女役!『私の家政夫ナギサさん』が楽しみ

昨年結婚したばかりの多部未華子が、2020年春ドラマ『私の家政夫ナギサさん』に主演決定。四ツ原フリコの同名WEBコミックが原作のラブコメディ。共演に大森南朋と瀬戸康史。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。

更新日: 2020年02月22日

8 お気に入り 18080 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆多部未華子が春ドラマに主演決定

多部未華子が主演を務めるドラマ『私の家政夫ナギサさん』が、2020年4月期のTBS火曜ドラマ枠で放送されることが決定した。

◆『おっさんずラブ』の徳尾浩司がWEBコミックをドラマ化

本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」発のオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』(著者:四ツ原フリコ)を原作としたハートフルラブコメディ。

脚本はドラマ「おっさんずラブ」の徳尾浩司、演出はドラマ「凪のお暇」の坪井敏雄、山本剛義が担当。

◆共演には大森南朋と瀬戸康史

TBSで4月からスタートする『私の家政夫ナギサさん』に出演します! 出来る男、田所。いい奴、田所。で覚えて下さい。 癒される作品です。 撮影はこれからですが、楽しみです。 是非、ご覧下さい! tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/ pic.twitter.com/CPFcHWJUcF

主演の多部は、製薬会社「天保山製薬」のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンで、仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子・相原メイを演じる。

メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・ナギサさん役は大森。「コウノドリ」(2017年)以来のTBSドラマ出演となる。

大森南朋

メイの仕事のライバルとなる田所役には瀬戸が決定。TBSのドラマ出演は、「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016年)以来、4年ぶりとなる。

瀬戸康史

◆気になるストーリーは?

メイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサが突然現れる。おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった。

見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ!と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。

また、仕事ではメイの前に強力なライバル・田所優太が出現し、成績優秀で負け知らずだったメイは大ピンチに。しかし田所は、メイの警戒心をよそに爽やかにメイに急接近し、 田所によってメイは仕事も恋も振り回されていく。

◆多部らからのコメントも届いた

「明るいテイストの中にもほっこりしたり、じーんとしたりと、心がほかほかするドラマになるといいなと思っています。」

多部のコメント

「ナギサさんは真面目で可愛らしい人です。おじさんの、いい部分を出せるように頑張っていこうと思います。」

大森のコメント

「頑張らなくていいんだ。出来ないことは出来なくていいんだ。誰かに頼ってもいいんだ。そう思える作品です。肩の力を抜いて見ていただけたらうれしいです。」

瀬戸のコメント

「すごすぎて未だ実感が湧いておりません。三次元のナギサさんやメイたちを見られるのが楽しみです。」

原作者・四ツ原フリコのコメント

「ついつい頑張り過ぎてしまうメイと、そんな彼女をサポートする家政夫のナギサさんが、右往左往しながら「自分にとっての本当の幸せ」を見つけ、自らを解放していく姿を、ふたりと一緒に笑って泣いて癒されてドタバタしながら、見届けていただけたらと思います!」

岩崎愛奈プロデューサーのコメント

◆ネットではさっそく反響

面白そう~❗ 多部未華子、4月期TBS火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』で主演に 共演に大森南朋、瀬戸康史(リアルサウンド) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2020…

多部ちゃんのドラマ、毎回当たりだから今回も面白いに違いない! 多部未華子、4月期TBS火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』で主演に 共演に大森南朋、瀬戸康史(リアルサウンド) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2020…

1 2