1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ネコ特集書いて見ましたのでご参考にして下さい

nico616さん

近年のネコブームによってペットにしたい方が多くなっております。

ペットフード協会が毎年実施している全国犬猫飼育実態調査によると、2018年の全国推計飼育頭数は犬が890万3000頭、猫が964万9000頭で、前年に引き続き、猫が犬を上回った。このところ犬が減少する一方で、猫は緩やかな増加傾向にある。
人気の理由も散歩がいらなかったり寿命が長いのも人気の理由になります。

スコティッシュフォールド

色んなサイトでも常に上位にランクインするスコティッシュフォールド。
特徴は探索好きで頭が良く忠誠心が高いという性格をしております。また甘えん坊な子が多い傾向があります。
あまり運動量が多くないのでおっとりした猫だと思われることも多いです。
成猫になると3~6キロ程度の大きさに成長し、猫の中では大きすぎず小さすぎずというサイズのケースがほとんどです。
飼う上での注意点は、適正な体重管理です。比較的運動量の少ない猫種と言われており、運動不足から体重オーバーになる場合もあります。肥満は足腰や内臓に負担がかかり、結果健康を損ねる可能性があるので気をつけましょう。

マンチカン

短足が特徴的なマンチカン。ただ他の猫と同じくらい足が長い子も多く存在しています。なので短足の子が欲しい場合は注意する必要があります。
人懐っこくて好奇心旺盛。大人になってもまるで子猫のような無邪気さを忘れない愛らしさが人気の秘密かも知れません。
成猫になったときの大きさは2~4キロ程度と言われており一般的なサイズもしくは、やや小さめになります。
飼う上での注意点は、太らせ過ぎないことです。短い足で大きな身体を支えるのは負担がかかります。まずは平均体重をしっかりと維持できるような食生活をすることが大事になります。

エキゾチック・ショートヘアー

ブサカワ猫で有名なエキゾチック・ショートヘアー。ギャップがある可愛い鳴き声が人気です。
毛の長さ以外はペルシャ猫によく似ています。やや大きめのコビータイプで、筋肉質でずんぐりむっくりしています。
成猫になったときの大きさは、3.5~6kgといわれております。
飼う上での注意点は、エキゾチックショートヘアは独特の目の形のため涙を目に溜める機能が弱く、涙で目のまわりが汚れやすくなってしまう現象が原因で起こる症状が起きる可能性があります。

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴は毛足が長く風格ある外見です。古くからノルウェーに居る猫神話に登場する猫のモデル。
その見た目から高貴でわがままな性格に思われがちですが、好奇心旺盛ながらも静かな性格をしており、飼い主さんとの適度な距離感を好みます。
成猫になったときの大きさは、オスの体重が4 - 9 kgメスの体重が3 - 7 kgが目安になります。
飼う上での注意点は、毛足が長いので可能であれば1日1回ブラッシングや月に1度以上のシャンプーをしてあげるのが理想です。これは抜け毛を取り除くのと同時に皮膚への通気性を高めるためにも大切なことになります。

メインクーン

メインクーンの特徴は猫の巨人と言われるほど大きくなる猫です。体長は約1メートルほどになります。
1頭で行動することが多いイメージがあるかもしれませんが、メインクーンは温厚で人になつきやすい猫種です。他の猫や他動物、赤ちゃんとうまくつき合える子も多いでしょう。
成猫になったときの大きさは、男の子の体重は約6キロ~8キロ、女の子は約4キロ~6キロがスタンダードとされています。
飼う上での注意点は、肥大型心筋症や多発性のう胞腎という病気が発症しやすい傾向にあります。

ベンガル

ベンガルの特徴はヒョウ柄のような被毛が特徴です。
ワイルドな容姿から、気性が荒いイメージをもたれがちのベンガルですが、意外にも温厚で社交的な性格です。
成猫になったときの大きさは、オスの体重が4kg~8kgメスの体重が3kg~5kgぐらいが目安になります。
飼う上での注意点は、ほかの猫と比べて運動量が多い猫です。ストレスを溜めないためにも、おもちゃを使って遊んであげたり、上下運動ができる環境が必要かもしれません。

アメリカンショートヘア

昔から人気のあるアメリカンショートヘア。よく「アメショー」と呼ばれることもあります。
脚が大きく骨太、以外にもがっちりとした体格です。ジャンプ力があるので高いところにもピョンと飛び乗ってしまう活発さがあります。
硬めの毛がみっしりと生えているのが特徴で、毛は短めでも寒さや雨でも体を冷やしにくいです。また、おおらかな性格なので環境の変化にも強い方だと言えます。
成猫になると3~6キロ程度の大きさに成長し、猫の中では大きすぎず小さすぎずというサイズのケースがほとんどです。
飼う上での注意点は、肥大型心筋症や尿管結石といった病気を発症する可能性が高い傾向にあります。
万が一に備えてどんな病気なのか知っておくことが重要です。症状の進行を遅らせ、長く一緒に過ごすためには、早期発見・早期治療が欠かせません。

1