1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは怖い…現代の女性に「子宮体がん」が増加してる要因とは

現代の女性に子宮体がんが増加しているようです。その気になる要因とは?

更新日: 2020年02月11日

12 お気に入り 59855 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■子宮体がん

子宮体部の内側にあり卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす子宮内膜という組織から発生

子宮体がんの検査はじかに内膜の細胞や組織を採ってきて調べる細胞診や組織診が一般的です

■症状で多いのが出血

子宮体がんの患者の90%に不正性器出血がみられます。出血は褐色の帯下(おりもの)だけの場合もあるので注意が必要

月経ではない期間や閉経後に出血がある場合は注意が必要です。出血の程度には、おりものに血が混ざり、褐色になるだけのものもあります

子宮体がん(子宮内膜がん)は決して治りにくいがんではありません。病気が子宮にとどまっている範囲で治療すれば80%以上の方は治ることが期待できます

■この子宮体がんが増加している

昭和の終わり頃には、子宮頸がんが圧倒的に多くを占めていたのですが、今では体がんの方が頸がんより多くなりました

子宮体がんの好発年令は、子宮頸がんに比べてやや高齢で、50~60代とされています

■なぜ子宮体がんが増加しているのか?

リスクファクターとして、糖尿病、高血圧、肥満があげられていますが、その他にも動物性脂肪を多く摂取する人、乳がんの治療薬としてのホルモン剤の内服、卵胞ホルモン(エストロゲン)単独で内服している人、出産経験のない人なども子宮体がんの発生する可能性が少し高くなる

低用量ピルは子宮体がんになる危険性を下げます。子宮体がんは子宮頚がんと違い、ホルモンのアンバランスによって起こるがん

■症状がある場合は放置せずに受診しよう

他のがんと同様に、子宮体がんも初期のものほど治療後の結果がよいので、早期発見が大切

症状として不正出血や帯下の異常があるのですが、閉経前後は月経が不規則になることもあり、不正出血と思わず月経と思って気に留めずにいる方も少なくありません

■ちょっと不安になるニュースだ…

体調不良で急遽病院行ったら、悪いものが増えてるってことで、子宮体がんの検査をしたよ。 こんなに痛いなんて 検査後具合悪くなって少し休ませて貰ったけど、痛みはまだ治まらず。 実家で休んでおりまする。 何かおかしいな…と思ったら、躊躇せず病院に行くべきだね。

子宮頸がんなら若年層で増えてるから若い人も自治体の決まりで診察受けたりするけど子宮体がんは若い人には滅多にいないからあまり受けたりしないんですよね…っていうのをこないだ子宮体がんの検査受けた時に聞きました。

子宮体がんここ数年増えてるし不正出血とかあったら気をつけた方がいいぞ〜! 骨盤内リンパや卵巣に転移したら大変だぞ〜ー

1 2