1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■普段、何気なく食べているものには毒が含まれているものがあります

私たちが普段食べているものの中には、実は人間の体に悪い影響を与える成分が含まれているものもあります

よく知られているのはフグやトリカブトの毒ですが、もっと身近なところにもたくさんあります

アミグダリンは加水分解されると青酸に変化。多量摂取すると青酸中毒になり最悪死亡します

毒はごく微量であるためほとんど問題にならないが、青い状態のモモには、果肉にも毒があり、毒性も強いので、口に入れるべきではない

じゃがいも

じゃがいもは、栽培中や収穫後、光にさらしたり傷をつけたりすることでストレスを受けます。そのストレスをきっかけに、天然毒素であるソラニン・チャコニン(ステロイドアルカロイド)を生成する

うすい黄緑から緑色に変色した表面の皮の部分や、芽およびその芽の付け根部分などに、毒性物質である「ソラニン」等の「ステロイドアルカロイド配糖体」が含まれる

これを大量摂取すると嘔吐、下痢、複数、脱力感、めまい、呼吸困難などの症状を発症する

ひじき

ヒ素は猛毒ですが、含有量はごくわずかなので、普通に食べている分には問題ない

大量に摂取し過ぎると、腹痛や下痢、嘔吐などの中毒症状が、少量でも神経障害や皮膚障害が出ると言われています

ぎんなん

ぎんなんは古くから薬や食材として用いられてきましたが、実は食べすぎると中毒を起こします

食べすぎると、おう吐やけいれん、めまい、腹痛、顔面蒼白、呼吸困難、意識混濁、不整脈、高熱などの症状を起こす

過去に死亡例もあるため、日本中毒情報センターでも、その症状や適切な処置について情報を発信しています

トマト

トマトの茎やヘタにはグリコアルカロイドという毒性の成分が含まれています

ワラビ

1 2