1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

森林火災に豪雨…オーストラリアで「自然災害」が相次ぐ

これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです…

更新日: 2020年02月12日

4 お気に入り 15196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■大規模な「森林火災」に見舞われているオーストラリア

10億匹以上の動物が犠牲か…

昨年9月以降、乾燥した空気と雨不足により、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州を中心に多発的に発生した森林火災。

9月以降の焼失面積は、日本の面積の3分の1近くにあたる10万㎢以上に及び、これまでに33人が死亡。

シドニー大学の生態学者は「コアラなど10億匹以上の動物が犠牲となったほか、多くの動物の生存環境が破壊された」と推計している。

■ようやく収束の兆しが見えてきた

森林火災が続いていたニューサウスウェールズ州などで5日以降、記録的な大雨が降り続いている。

■詳細

オーストラリア気象局によると、過去6日間の降水量は同州ロバートソンで698ミリ、ポーツビルでは603ミリ。

シドニーでは、年間降水量の3分の1に匹敵する391.6ミリの雨が4日間で降り、1990年2月以来の大雨となった。

■まさに「恵みの豪雨」に

ニューサウスウェールズ州の火災件数は大幅に減少

74日以上にわたって約49万9621ヘクタールを焼き尽くした同州カロワン地区の火災も、豪雨のおかげで8日に鎮火。

隣のビクトリア州でも火災件数が21件と、これまでで最少の件数となった

ダムの貯水率も回復

シドニー市内の大部分に水を供給しているワラガンバ・ダムの貯水率は、先週末の42%から70%にまで回復。

同国東部ではここ数年にわたって記録的な干ばつが続き、水不足が問題となっていただけに、今回の豪雨は”恵みの雨”となった。

シドニー豪雨で森林火災が鎮火したとか。なんか「宇宙戦争」で人類に勝ち目無なかったエイリアンが風邪で全滅しちゃったの思いおこす。やはり自然には勝てん。ごめん、ネタバレしちゃった。

■しかし、今度は豪雨による「水害」が各地で発生

洪水や鉄砲水による浸水被害のほか、強風や高波による停電・海岸の浸食なども多数報告。

シドニーでは約10万戸が停電

また、山火事により大量の灰が積もったダムの周辺部に大雨が降ったため、水質汚染も懸念されている。

州当局は、一部地域への避難指示や学校数十校の臨時休校を指示し、大雨や強風、さらなる洪水に対して警戒を呼びかけている。

■豪雨の原因と今後の見通し

1 2