1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

筋肉は裏切らない…新人声優:ファイルーズあいさんがブレイクしまくり!

令和最大の筋肉声優…ついにあの「FGO」にも出演!ネットがざわつきまくっています…演技力はもちろん歌唱力、筋肉が本当にすごい。しかしその裏には壮絶な努力が!?一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!!

更新日: 2020年02月12日

4 お気に入り 21271 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

争いが激しすぎる声優界に最強の筋肉が降臨!?今後にも期待です。

critical_phyさん

▶ついに来たか…覇権ゲーム「FGO」にあの筋肉声優が降臨ッッッ!

fgo(fate grand order)で清少納言と言う新キャラクターが出ましたね。こちらのキャラクターを担当された声優さんがファイルーズあいさん。

『ダンベル何キロ持てる?』の紗倉ひびき役をはじめ、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』のえりぴよ役など、人気作品のキャラクターを多く演じています。

現在活躍している女性声優にも遜色ない、いやそれ以上に声優特性が高い逸材だった。女性声優と辞書を引いたら、例に「ファイルーズあい」と載せてもいいくらいである。

こんな声も。

やはり清少納言なんか声馴染むなぁーって思ったらファイルーズあいさんだったか、あげぽよ

いや、ファイルーズあいさん仕事増えすぎでしょw ダンベル何キロ持てる?からどんどん仕事増えてんな 清少納言という和鯖の声をエジプトのハーフ声優が勤めるというね 是非ともエジプト鯖の声優も聞きたいです #FGO pic.twitter.com/KfL1IcAX4k

▶演技力が半端ないぞ…新人声優とは思えないポテンシャルの高さ!

ファイルーズあい──niconicoでも人気の2019年夏アニメ、『ダンベル何キロ持てる?』でTVアニメ初主演を果たした若手声優の名前だ。

筋トレをしながらのセリフは新人声優には難しそうに思うのだが、それも何の違和感もなくやってのける。ベテランの風格すら漂う。Twitterで「ファイルーズあい」と検索するとサジェストに「上手い」と出てくる。

さらに!

熱狂的アイドルオタクえりぴよと、えりぴよが人生を賭けて推しているマイナーなアイドルChamJamの市井舞菜を中心に、オタクと地下アイドルたちの関係性を描いている人気漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。

えりぴよを演じるのは、7月3日よりスタートした新アニメ「ダンベル何キロ持てる?」(TOKYO MXほか)で、主人公・紗倉ひびき役を好演するファイルーズあい。同作でテレビアニメデビューしたばかりの新人ながら、早くも主演2作目となる大抜擢。

2019年のニュース…熱い!

ファイルーズあいさんひびきえりぴよ清少納言ってみんな個性的すぎて噴いた

ファイルーズあいさん、すっかりえりぴよの認知だけどお願いまっそーめっちゃモテたーいの方も主人公してて凄いよね。旬の人だよね。

推しが武道館いってくれたら死ぬ ファイルーズあいさん演じるえりぴよのドルオタっぷりが最高に面白いな赤ジャージはさすがにヤバイと思うけどw 舞菜ちゃんとハートくっついたチェキ撮れる日は来るのかねぇ pic.twitter.com/WYt2fGyA3f

▶嘘でしょ…その歌唱力の高さに憧れる人多し!

『ダンベル何キロ持てる?』のオープニングテーマ「お願いマッスル」。同アニメの主人公でダイエットのために肉体改造に励む女子高生・紗倉ひびき(CV:ファイルーズあい)と、彼女が通うジムのイケメンマッチョトレーナー・街雄鳴造(CV:石川界人)が歌う。

ボディビルのかけ声はセンスの塊だが、この曲にも「肩にちっちゃい重機のせてんのかい!」(元ネタはジープ)など、選りすぐりのパワーワードが合いの手でバンバン入ってくる。

途中速いテンポの部分もあるが、元々の滑舌がいいのに加えて声量も安定しているからすごく綺麗に聴こえる。単調にならずにリズム感もいい。様々なキャラソンで大活躍できる声優なのは間違いない。

桃色片想い 歌ってるのファイルーズあいさんなのか お願いマッスルの印象が強すぎてこんな歌い方もできるとは驚いた #oshibudo #推し武道 pic.twitter.com/V1UpeDNa6c

▶でも実は努力家…ここまでの道のりは平坦ではなかったようです!

曲に恵まれてたっていうのが大きいです。でも、音痴なのはわかっていても、カラオケで歌うのは好きだったので、ずっと歌は続けていたんです。苦手だからってやめないで、続けててよかったなって。こんなふうに評価してもらえる日がくるなんて、思いもしなかった。

本人はこのようにコメント。

NHK総合『みんなで筋肉体操』の新春特番でも筋トレを実演した。元々運動は苦手であったが、映画俳優が役作りのために筋トレをしていることを知り、自らも美しい筋肉を手に入れるべくスポーツジムで勤務するかたわらトレーニングをするに至った。

どうしても声優への夢を諦めきれずに、声優の養成所へ行きたいと親に打ち明ける。だが、母からは「就職活動が嫌でそう言っているのではないか」と指摘され、1年間は歯科助手としてちゃんと働いて、資金を自分で作った上で養成所に入り現在に至る。

まさに努力の人。

1 2