『ウエストウイング』(津村記久子)。「ここにはわたしも含めて最低三人の人間がいる」。ビル西棟にある物置スペース。そこを秘密の隠れ場所にしている三人は、互いの顔も知らないまま交流を始めたが。職場の人間関係をリアルに描き、小さな驚きや感動を丹念にすくい上げた傑作。細部の描写が魅力的。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『君は永遠にそいつらより若い』だけじゃない!「津村記久子」おすすめ小説

『君は永遠にそいつらより若い(旧題:マンイーター)』が実写映画化される、芥川賞作家「津村記久子」のおすすめ7作品。『ミュージック・ブレス・ユー!!』、『ポトスライムの舟』、『とにかくうちに帰ります』、『ウエストウイング』、『エヴリシング・フロウズ』、『ディス・イズ・ザ・デイ』。

このまとめを見る