1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いつ?「COVID‐19」のワクチン開発の最新状況は

この期間が短いと感じるか長いと感じるか…

更新日: 2020年02月13日

2 お気に入り 16653 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■感染拡大が続く「新型コロナウイルスによる肺炎」

湖北省だけで4万8206人が感染

中国衛生当局は12日、中国本土の感染者数は湖北省だけで新たに1万4840人増えて5万9493人、死者は242人増えて1355人と発表。

感染者と死者の急増の理由について当局は、これまで発表していなかった「臨床診断」で感染者と判断されたケースを含め、結果を修正したと説明している。

臨床診断…ウイルス検査で陽性の結果が出ていなくても、新型肺炎特有の症状の有無で感染しているかどうかを判断する方式

これまでに27の国と地域で感染を確認

中国以外の27の国と地域で新型コロナウイルスへの感染が確認され、感染した人はあわせて522人に。

うち日本国内で感染が確認された人は、218人が集団感染したクルーズ船を含めて計247人となっている。

■11日、正式名称が「COVID-19」に決定

世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスを原因とする病気の名称を「COVID-19」と名付けたと発表。

「2019年にコロナウイルスにより発生した病気」という意味

テドロス事務局長は、「風評被害などを避けるため地名、動物名、人名、組織名などを盛り込むことはしなかった」と説明している。

■COVID-19について分かっていること

感染力や致死率、感染経路、潜伏期間など

感染症の危険度は、致死率や感染のしやすさ、症状の重さ、地域の封鎖に伴う社会的・経済的な影響の大きさなどが勘案される。

主な感染経路は、ウイルスがせきやくしゃみによって飛散する「飛沫感染」、ウイルスのついた手指で口や鼻を触る「接触感染」。

感染力は季節性インフルエンザと同程度~やや強く、致死率は2%前後でSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)と比べると低い。

ただ、高齢者や持病のある人は重症化しやすい

潜伏期間については様々な説があるが、WHOは「1日~12.5日」としており、軽症患者や無症状患者も多いため感染者を発見するのが難しい。

■恐ろしいのは有効なワクチンや治療薬が存在しないこと

現時点でワクチンや特効薬は存在せず、治療は酸素吸入や脱水の際の点滴などによる「対症療法」が中心。

「抗HIV薬の投与で症状が改善した」という報告が世界各国から寄せられているが、あくまでも研究段階である。

■現在、世界各国の研究機関がワクチン開発に向けて動いている

すでに世界各国の研究者や製薬会社が新型コロナウイルスの研究に着手し、ワクチンの早期開発に向けて動き出している。

ワクチンの開発では、まず毒性を弱めたorなくしたウイルスに、免疫を十分に活性化して感染を防ぐ効果があるかどうか調べる。

そして有効であると分かれば、実際に人に投与する臨床試験を行って、効果や安全性を確かめる。

■しかし、実用化・普及までにはかなりの時間がかかる

1 2