1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

提供した楽曲は販売中止か?槇原敬之を覚醒剤所持の疑いで逮捕

一昨年に自宅マンションで覚醒剤と危険ドラッグを所持した疑い。逮捕は二度目になる。東京スポーツがあるミュージシャンの逮捕を予言していた。

更新日: 2020年02月13日

6 お気に入り 62404 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

歌手の槇原敬之を覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。

警視庁によりますと一昨年の平成30年4月、当時住んでいた港区のマンションで覚醒剤を含む粉末0.083グラムを所持していたとして覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

危険ドラッグRUSHを所持していた疑いもある。

RUSH(ラッシュ)は主にセックスドラッグとして流通しており、厚生労働省によると、ラッシュは酩酊感などを得る目的で使われる。

ネットでは驚きの声

槇原敬之、岡村靖幸、ピエール瀧、ASKA集めてユニット作ったら絶対いい曲作れるな。

もう恋なんてしないと言った槇原敬之ですら「もう、しない」とは言い切れない。それがシャブ、覚醒剤の力や……

さすがに無いだろう、と思いつつ「槇原敬之 安倍」でツイッター検索してみたけど、結構いた

槇原氏の逮捕は二度目

槇原容疑者は1999年にも、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、翌年に歌手活動を再開。

槙原は「今後絶対にこのようなことを起こさないことを堅くお約束します」と書いた直筆ファクスをマスコミ各社に送付していた。

2018年に事務所関係者が逮捕されていた…

奥村氏は槇原と共に1999年に逮捕されている。狙っていたのは槇原氏という噂もある。

2018年、恋人といわれる槇原の所属事務所元代表の奥村秀一被告が覚醒剤取締法違反(使用)の罪で逮捕された。

実は今年になって東京スポーツが槇原氏の逮捕を予言している

このX氏は自らも歌い、希代のヒットメーカーとしてミリオンヒット曲も作曲している人物。

東京スポーツは21日付の1面で、「ミリオン歌手 薬物内偵中」といった大見出しで、芸能人の薬物疑惑を匿名で報道。

「内偵捜査が始まっています。このXの親友も覚醒剤で逮捕されていて、確実に包囲網は狭まっている。すでに、Xが出したゴミの中から使用の証拠となるようなものを押収しているそうです」

今回の逮捕は多くの波紋を広げそうだ

1999年の逮捕時には、直後に予定されていたライブツアーの中止やレギュラー番組の打ち切り、さらにはCD回収といった動きがあった

実は、大麻や覚醒剤など薬物事件で逮捕されたミュージシャンのCDが販売停止となるのは、1999年の槇原敬之の逮捕がきっかけだと言われています。今回の逮捕で、槇原容疑者の音楽が再び市場から消える可能性が高い。

今年3月4日には、他のアーティストへの提供楽曲をセルフカバーしたアルバム「Bespoke」をリリース予定で、数々のラジオやテレビ番組でプロモーションを行っていた。

夏にはベストアルバムのリリースを控えていました。また、秋から冬にかけては、記念のツアーも予定されていたようです。

今年はデビュー30周年にあたるメモリアルイヤー。

1 2