1. まとめトップ

槇原敬之覚せい剤取締法違反でまた逮捕!芸能界からも様々な声

2020年2月13日、人気歌手の槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されました。今回が初犯ではないので実刑がつく可能性が高そうです。2020年は槇原さんにとってデビュー30周年の年。記念すべき年が取り返しのつかない年となってしまいました。

更新日: 2020年02月14日

2 お気に入り 698 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されたと報道されました。今回が初めてではなく過去に数回逮捕されているようです。

itoyoji246さん

歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せいを所持していた覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されていたことが分かった。

警視庁によると歌手の槇原敬之容疑者(50)は港区のマンションで覚せい剤およそ0.083gを所持していた覚せい剤取締法違反などの疑いがもたれている。

 警視庁はきょう午後4時半過ぎ渋谷区の自宅で槇原容疑者を逮捕したということだ。2018年には槇原容疑者の個人事務所の元社長の男性が東京・港区のマンションで薬物を使用したとして逮捕・起訴されており、その後、警視庁は槇原容疑者の動向に不審な点がないか調べていた。

かなり前からマークされていた様子

1月20日、東京スポーツ(東スポ)は21日付の1面で、「ミリオン歌手 薬物内偵中」といった大見出しで、芸能人の薬物疑惑を匿名で報道。「使用歴なんと20年以上!?」といった刺激的な中見出しが躍るその記事で、「ベテラン歌手Xもすでに内偵されているという情報をキャッチした」としつつ、芸能関係者の話として、内偵の対象となっているのは作詞作曲も手掛ける稀代のヒットメーカーと言える歌手であるとしつつ、「シャブ中なのは業界では知られています」と報じていた。

具体的な名前は出さない状態での報道に、当初、この記事にはネット上で、「いったい誰?」といった声が上がるなどしていたが、13日に槇原容疑者が逮捕されたとの一報を受け、ネット上では同記事に対する注目がうなぎ上りになるなど再注目される結果に。あるツイッターアカウントは、「東スポのお手柄記事だったのね~~」と、記事をすでに読んでいたとするツイートを行っている。

12日には自身のインスタを更新

デビュー30周年記念イヤーだった…3月アルバム発売予定、秋にはツアーも

槇原容疑者は1990年10月にシングル「NG」とアルバム「君が笑うとき君の胸が痛まないように」でデビュー。昨年10月にデビュー30周年を迎え、カバーベストアルバム「The Best of Listen To The Music」をリリースするなど、アニバーサリーイヤーの企画を展開していた。今年3月4日には、他のアーティストへの提供楽曲をセルフカバーしたアルバム「Bespoke」をリリース予定で、数々のラジオやテレビ番組でプロモーションを行っていた。

 また、夏には30周年の集大成となるオールタイムベストアルバムをリリース予定で、秋冬にはツアーを開催することも告知されていた。

 開設されている30周年記念サイトには、「槇原、おかげ様で30周年を迎える事となりました!これもひとえに皆様の応援があったからこそ。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ここから1年以上の期間にわたって、リリースやコンサートなど、いろいろ企画しておりますので、どうか、お楽しみに~!!!」と直筆でメッセージを寄せていた。

ミュージシャンから多数の祝福コメントも

覚醒剤所持による逮捕は過去にも

1999年8月26日、覚醒剤所持が発覚。情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で10年来の友人の奥村秀一と共に逮捕された。本人がファンや関係者に向けて「多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております」とコメントし、謝罪した。

過去に復帰できた理由は…

不祥事を起こした歌手が、謹慎期間を経て、音楽業界の賞を獲得した事例もいくつかある。槇原敬之は覚醒剤事件で逮捕されてから4カ月後の1999年12月、懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けた直後、坂本龍一のクリスマスコンサートにサプライズ出演して、事実上活動を再開した。

本格復帰は翌2000年11月にアルバム『太陽』をリリースするまで待たねばならなかったが、その後、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」がヒットし、教科書にも掲載されるなど平成を代表する名曲との評価を得た。

社会復帰できるかどうかは結局は本人次第と言ってしまえばそれまでだが、個人が責任を負うのにはやはり限界がある。所属事務所やテレビ局、さらには社会全体でバックアップしていく体制を整えることも必要だろう。とりわけ薬物に関しては、事件を起こした本人が治療の必要な場合も多いだけに、なおさらのはずだ。

Twitterの反応は

槇原敬之さん逮捕で「またか」と言う人は35歳以上(前回が21年前

「この曲は彼らが歌うからいいんです」といつも言ってくれてた #世界に一つだけの花 #SMAP が解散しても変わらず「彼らが歌うから意味を持つ」と言ってくれてた #槇原敬之 さんの逮捕にショック…彼らの分も歌い継ぐんじゃなかったの⁉️ 歌うSMAPが解散作った槇原さんが逮捕じゃ歌が泣いてるよ pic.twitter.com/uQkmCi8rg9

槇原敬之容疑者が覚せい剤取り締まり法違反容疑で逮捕というニュース速報に明日のヒルナンデスのテーマ曲どうなるんだろう?と心配なった。 日テレに問い合わせても突然だったのでわからないとの事でした。

Apple Musicを確認したら槇原敬之は何も変わらず配信されてた。こうあるべき。逮捕されたら配信止めるとか超ナンセンスな話ですからね。

槇原さんの逮捕は自分自身の弱さの問題。同情の余地がない!でも槇原さんが飼ってた動物達はどうなるの?誰か見てくれる人いるよね?それだけが心配… #槇原敬之

なぜだろう 逮捕されてこの曲めちゃくちゃ好きなはずなのに今は変な解釈をしてしまう… #槇原敬之 pic.twitter.com/xQISAvJNlv

◆芸能界からも様々な声が

岡村隆史は地元トークで盛り上がった事を振り返る

岡村隆史:俺も、どれぐらいの時に一緒に仕事したかなぁと思ってて。関西ローカルに、ゲストで来てくれはったんです。

それが何年前か分からへん。もう、2年経つかな。経たへんかなぁ。なんか、ゲストに来てくれはったんですよね。

そこで、茨木でしょ。僕も学校、茨木でしたし、マッキーも茨木の学校やったから、それでこう色々地元で盛り上がって。「あそこの何々、もうなくなってますよ」「ええ?!」言うて、めちゃくちゃその地元の話で盛り上がったなぁと思って。

1 2