1. まとめトップ

紅白の後に解散しようと... King Gnu常田大希が人知れず抱えていた苦悩

King Gnu(キングヌー)は3rdアルバム『CEREMONY』を発表して大ヒットしてメディアで華々しくもてはやされて大成功をしたイメージがありますが、アルバムを完成させるまでには、実はリーダーである常田大希さん(1992年5月15日(金)生まれ)がバンドの解散を考える程の苦悩があったのです...

更新日: 2020年02月21日

38 お気に入り 48392 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

これからキングヌーはどんな道を選んで、どのような進み方をしていきたいのか?に関して常田大希さんが本音で率直に語って下さった心情を克明に記録しておきます

▼ King Gnu(キングヌー)

左から

勢喜 遊 せき ゆう Ds、sampler
新井 和輝 あらい かずき B
井口 理 いぐち さとる Vo、Key
常田 大希 つねた だいき Vo、G リーダー

東京藝術大学出身のクリエイター・常田大希(Vo, G)が率いるミクスチャーバンド

常田大希(G、Vo)、勢喜遊(Ds、sampler)、新井和輝(B)、井口理(Vo、Key)からなる

ロック、ヒップホップ、ジャズ、ファンク、現代音楽などの要素が有機的に配合された“トーキョー・ニュー・ミクスチャー”と称される彼らの音楽スタイルは、まさしく唯一無二

▼ 2019年2月下旬に発表したシングル「白日」が大ヒット

俳優の坂口健太郎が主演を務める日本テレビのドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌としてKing Gnuは「白日」を書き下ろし、毎週そのサウンドがテレビで流れることになった

Powered by King Gnu official YouTube channel

▼ メジャーデビューした年にNHK紅白歌合戦に初出場

大みそかに放送される『第70回NHK紅白歌合戦』(午後7時15分~同11時45分、総合ほか)の出場歌手発表会見が14日、東京・渋谷の同局でおこなわれ、King Gnuが初出場を決めた

『第70回NHK紅白歌合戦』出場者発表 日向坂、Foorin、 LiSA、ヒゲダン、キスマイ、King Gnu、GENERATIONS、菅田将暉が初 realsound.jp/2019/11/post-4… pic.twitter.com/l6M7aoTkSA

出典 twitter.com

▼ 2020年1月15日(水)に3rdアルバム「CEREMONY」を発表

収録曲は

1.  開会式
2.  どろん
3.  Teenager Forever
4.  ユーモア
5.  白日
6.  幕間
7.  飛行艇
8.  小さな惑星
9.  Overflow
10.  傘
11.  壇上
12.  閉会式

アルバム『CEREMONY』には、総再生回数1億回のメガヒットを記録、バンドを代表する曲となった「白日」、ANAのCMソング「飛行艇」のほか「傘」「Teenager Forever」を含む、全12曲が収録される

▼ 2020年に全国でのホール・アリーナのツアーを開催

2月29日(土)の福岡・博多 マリンメッセ福岡を皮切りに、大阪、東京、仙台、横浜、札幌を経て、4月21日(火)の愛知・名古屋 Zepp Nagoyaまで、全国7都市12公演を行なうツアー〈King Gnu Live Tour 2020 "CEREMONY"〉の開催も発表

さらに初のアリーナ公演を含む全国ツアーが決定!! 【King Gnu Live Tour 2020 "CEREMONY"】 詳細はこちら✨⇒red-hot.ne.jp/sp/kinggnu/ pic.twitter.com/I252vOrKFa

出典 twitter.com

▼ 3rdアルバム『CEREMONY』は大ヒットを記録した

『CEREMONY』が、「オリコン週間アルバムランキング」(1/27付)で初週売上23.8万枚、1位に初登場した

2020年2月10日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で3週連続でトップ3をキープしているKing Gnuの『CEREMONY』は当週18,602枚を売り上げ、累計売上枚数は30万枚を突破した

GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2020年2月10日~2月12日の集計が明らかとなり、King Gnu『CEREMONY』が1,353DLで首位を走っている

しかし、2/3発表のビルボード、アルバムシングル共にSony Musicの King Gnu / Ceremony SixTONES / ImitationRain って揃えられたの嬉しかったのよ。 タワレコ行ってもアルバムコーナーはヌー兄さんが大特集されてて、それもランキングに並びたいという強い原動力になった! しかし、The hole好き… pic.twitter.com/4ntcurdJXR

出典 twitter.com

▼ しかし『CEREMONY』をリリースするまでにはリーダーの常田大希がバンドの解散を考える程の苦悩が実はあった...

ー 唯一タイアップじゃない「壇上」は、常田さんがひとりでヴォーカルを取っていて、かなりパーソナルなことを吐き出していますね

常田大希

『まあ、アルバム制作中は鬱状態みたいになってて

King Gnu、「紅白」も出るし、もうここらで解散しとこうかな、みたいな

そういうのもチラつくくらい精神的にキテたんですよね』

『CEREMONY』を制作するペースや創り方などの部分で思い通りにいかなくて追い込まれていって…

常田大希

『本来だったら俺はこんなの絶対にNGを出す、というものが世に出ていったりして、俺の中で「もうなんでもいいよ」って気持ちになっちゃう状況があったり

一個一個に対して、クリエイティブを全体的に考える余裕がなくなっていったし、取り巻く人たちがどんどん増えていろんな人が絡んでくる中で、ちょっとぼやけてきたものが間違いなくあって』

『日本の大衆歌を作る』と高らかに宣言し、確かにヌー民(ファン)の群れは大きくなってきたけど…

1 2 3