1. まとめトップ

どんなシーンでもカッコよく駆け抜けるレガシィB4は、至上の歓びを目指している

スバルが胸を張って販売するレガシィB4は、どんなシーンでも、乗る人の人生を豊かさと、美しさと、愉しさで彩ることを目指しており、運転する人や同乗者をこの上ない喜びへ導いてくれる。

更新日: 2020年02月14日

1 お気に入り 473 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

の車に寄って人生が豊かになり、日常生活に更なる輝きが加わると、もう何の文句もないはずだ。そして現在レガシィは、スバルにとって重要な戦力になっているといっても過言ではない。

cobbyjpさん

人の心を動かすような唯一無二の走りを見せつける、スバル・レガシィB4

レガシィb4は、国産自動車メーカーのスバルが生産・販売するセダン型乗用車です。1989年にスバル・レオーネの後継車として登場し、以降スバルのフラッグシップカー(旗艦車種)になりました。メインの駆動方式を四輪駆動とし水平対向エンジンを採用することで、抜群の走行安定性とスポーティーな乗り味を兼ねそろえた独自のキャラクターを確立し、今でも日本国内外で高い評価があります。特に国内では北海道や東北地方、海外では北アメリカやカナダなどの4WDの性能が発揮される寒冷地域で、高い人気を誇っています。

スバル レガシィB4 [BE5型] レガシィを極めるという開発コンセプトのもと生まれた。 この代よりセダンボディにサブネームであるB4が与えられる。 衝突安全性能試験では格上のクラウンなど3L級高級車両を凌ぐ。 pic.twitter.com/BehSLcwVaH

懐かしい写真! レガシィB4 RSKターボ 学生の時に中古フルローン150万で買ったんだっけなぁ 車高とホイール以外はド純正で乗るのがワシの中ではジャスティスじゃった… 程度いいのあるなら今でも欲しい名車中の名車 pic.twitter.com/8P4ecer1lF

レガシィそのものは、これだけの長い年月をかけて受け継がれてきた

レガシィB4の原点は、レガシィそのものが長い年月をかけて受け継がれてきたことから始まる。もう一度その歴史を辿ってみると、レガシィは平成元年の1989年に誕生して、スバル・1000から始まる水平対向エンジン、レオーネで実現された4WDセダンの役割を果たし、独自のエンジンと駆動系を生かして国内販売を回復させ、1980年代の倒産危機から当時の富士重工を救った英雄のような車両であることが伺える。その姿は6代に渡って大切に受け継がれ、アメリカ合衆国への展開も果たしたので、もはやその時点でレガシィB4への熱い魂が作られてきたとも考えられる。

レガシィB4(1989~) スバルのフラグシップセダン。3代目BE系よりB4のサブネームがつき、全車AWDへ。現行型は6代目2014年~。米国でのロングセラーのため、2020年までに完全現地生産に切り替える予定。2019年秋にフルモデルチェンジ予定だが、日本発売は未定。COBBY pic.twitter.com/7rv3UNvGon

おはようございます (*´▽`)ノノ 今日は水曜日。 今朝の一台はスバル レガシィB4です。 スバル車の持つかっこよさは残しつつ、上品な雰囲気に仕上がっているのが魅力的ですねー。 pic.twitter.com/44Pt4Vjdzc

家車ネタです! エスクァイアの前車のBE-5レガシィB4 RSタイプBです 純正リップ、ウイング、イクリプスナビ、バイザーとかがついていた記憶... 2015年にエスクァイアと引き換えに泣く泣く手放しました。 その後廃車、スクラップ RSKは見ますがNAのタイプBは滅多に見ないでしょ!っていうww 続く pic.twitter.com/qNctWm3Geo

力強くも流麗な美しさを保ったエクステリアは、見る人の心を豊かにしてくれる

エクステリア全体を見てみると、形状は原則としてセダン型だが思わず何度も振り返るような存在感があって、いかにも力強くも流麗な美しさに満たされていると感じられる。そして時を経れば経るほど、果てしなく愛着が深まっていき、スポーティであること。艶やかであること。そして上質であることを務めていることが十分に伝わってくる。そして何よりこんなに堂々としているなら、高級車にも劣らない。

納車!! レガシィB4 BM9 です^ ^ 2.5のノンターボです笑 SUBARU出戻り失礼します笑 pic.twitter.com/xICRApxcEo

スバルレガシィB4 警らパトカー 警視庁前にて 既に数を減らしつつあるというレガシィB4の警らパトカー クラウン以外では久々のパトカー専用型式が設定された車種でしたが、残念ながら次期モデルは出ませんでした 後ろのエルグランドも明らかに覆面ですが、撮影場所が場所なのでスルー pic.twitter.com/NuRbEHQeHw

細かい所まで丹念に作り上げたインテリアは、情熱とこだわりに満ちあふれている

ドアを開いた瞬間から広がっているインテリアは、丹念につくり込まれたディテールと凛とした静けさが迎えてくれるような造りとなっていて、情熱とこだわりで磨き抜かれた本物だけが、人の感性に響くことを伝えている。そして座席に使われている本革シートは快適性を与えてくれて、後で加えられるオプションは、有意義なドライブに貢献しているのだ。

サプライズでお披露目終わったので報告します 8/10にレガシィB4 スペックB納車してました(^ω^) これからサーキット、アウトドアを楽しもうと思います( ー̀∀ー́ ) スバル乗りの方よろしくお願いします! pic.twitter.com/pM2izdCTj0

秋田市土崎のセリオンで行われた「地魚フェスティバル」で展示した秋田臨港警察署のパトカー。 地域課のBMレガシィB4。2.5Lターボ+5速ATの組み合わせ。 パトカー専用グレードがあるクラウンとは違って、ハンドルは市販車と同じ本革。 パドルシフトも付いてくる。 助手席にはパナソニックのタフパッド。 pic.twitter.com/Ys7FUKCRu8

というわけで「次の車(仮称)」は個人売買で契約した「レガシィB4 RSK(GF-"BE5")」。これが垢名の元ネタのもう一部。名変が完了してないのでまだ滅多な理由では動かせなかったり、同じ5ナンバー普通車ながらロードスターとは対極的な車ですが、はやいとこ乗りこなせるよう努力します。 pic.twitter.com/Ka8fi03UqH

常に先のことを想定した、最先端の安全技術も惜しんでいない

運転する上でどうしても起こりうる交通事故は、できるだけ避けたいものである。だからレガシィB4では、安全なドライブのために、考え抜かれたカタチを取り入れた最新の安全性能を取り入れているとCOBBY。それらを具体的に説明すると、十分な視野を確保した視界設計、夜の走行で役立つLEDハイ&ロービームランプ、カーブや交差点を曲がる時に光を照射するステアリング連動ヘッドランプ、強固な衝突安全ボディ、全部で7つあるデュアルSRSエアバッグ、スバル独自の運転支援システム・アイサイトが挙げられ、これらはスバルの技術が惜しむことなく注がれ、いくつもの進化を遂げてここまでたどり着いたのだ。

レガシィB4の繋がった眉毛みたいなヤツは好みとは遠かったが、こんなアレンジは結構好き。 pic.twitter.com/vMdwsdenlm

SUBARU BOXER及び2.5L BOXERエンジンのおかげで、快適な走りを楽しめる

レガシィB4に搭載されているエンジンは、唯一無二の走りの歓びを追求することに則って、水平対向エンジン・SUBARU BOXER及び2.5L BOXERエンジンが使われている。これらは左右のピストンが水平方向に往復する様子が、まるでボクサーが互いにパンチを繰り出しているように見えることから“BOXER”と呼ばれる水平対向エンジンとなっていて、SUBARUはこのエンジンを理想のパワーユニットとして磨き続けてきたのだ。このエンジンを起動させると、軽快でスポーティなハンドリング、物理の法則に裏付けられた高い基本性能が引き起こされ、他では味わえない興奮と気持ち良さを生み出す。

今はいいけどそのうち車が壊れそうな予感がビンビンする。まだろくに稼げてないので予算50万ぐらいで次の車をと考えたら、一番コスパいいのがスバル レガシィB4なんだよな。2000cターボで280馬力とかヤバいスペック。これのマニュアルがほしいんだよね pic.twitter.com/2lxZVocNsE

サプライズする予定が無くなってしまったから発表しますが、先週買いました。 レガシィB4 3.0R スペックB 6MT、本革、サンルーフ、マッキントッシュ、ガーネットレッドパール 買う気1/3ぐらいの程度でグレーのレガシィで見に行ったが、見て乗って音聞いたら惚れてしまいました(笑) 来週?納車らしい pic.twitter.com/OKT9iYX94a

快適な運転を実現するために、あらゆる装備が加わっている

1 2