1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●YouTuberを襲うサイバー攻撃が進行中

その攻撃の矛先は不特定多数の一般人ではなく、動画投稿で収益を得る「YouTuber」(ユーチューバー)の人たちです。

手口も比較的新しい手法で、Googleの二段階認証を突破して不正ログインする方法が用いられています。

隠してもしょうがないなのでもう言います。 1月25日18時頃、僕のYouTubeアカウントが海外の乗っ取り業者の手によって乗っ取られてしまいました。 事の経緯は、以前Googleのなりすましから送られてきたメールの、URLからYouTubeのアカウントの個人情報を送ってしまった事から始まります。

YouTuber狙ったサイバー攻撃が流行ってるそうなんで気をつけて

本当に気をつけてください YouTubeアカウントを乗っ取られると2度と取り戻せなくなることもあります YouTuberを襲うサイバー攻撃が進行中、二段階認証も突破される新手口とは(要約) itmedia.co.jp/news/articles/…

●バレンタインデーに乗じたマルウェア感染やフィッシング詐欺に注意

Check Point Software Technologiesは2月12日(米国時間)、「Valentine's & Chocolate Don't Always Equal Love - Check Point Software」において

●有名企業名を騙る詐欺メールにも注意喚起

フィッシング詐欺のきっかけとなるのが、AppleやAmazonといった有名企業名を騙る詐欺メール

メールの内容は「アナタのIDがロックされました(有効期限が切れた)」「アナタのIDでログインがありました(IDとパスワードのハッキング)」や

「アナタのID(クレカ)で商品やアプリが購入されました(不正利用)」など。

●新型コロナウイルスに乗じてWHOかたるフィッシング詐欺に注意喚起

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスを封じ込めようと支援しているが、その一方で、

WHOの名前を悪用したデジタル脅威への対応も迫られている。詐欺師やサイバー攻撃者がWHOの名を利用して、独自の形で感染を拡大させようしているため

新型コロナウイルスの影響は拡大しており、米国や英国などで中国への渡航を必要最低限に制限するよう喚起するなどの措置が取られている。

●「マスク無料」とダマす手口が相次いでいる?

こうしたマスク不足につけこんだ、新たな詐欺の手口が現われました。

マスクが手に入るかのようなメールを送りつけて偽のサイトに誘導し、パスワードなどの個人情報を盗み取るいわゆる「フィッシング詐欺」の手口です。

指示通りにパスワードを入力したり、ファイルをダウンロードしたりすると、個人情報を抜き取られてしまうのです。さらに、企業を狙うパターンも。

●そもそも「フィッシング詐欺」とは?

1 2