1. まとめトップ

喉が痛い、もしや…新型コロナウイルスと風邪の見分け方が報じられた

日本でも感染が拡大している #新型コロナウイルス (新型肺炎:COVID-19)ですが、普通の風邪やインフルエンザとの違いは何なのでしょうか。国立国際医療研究センターや中国での報道から症状の違いが報じられていました。

更新日: 2020年02月15日

6 お気に入り 64506 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

慌てて病院に行く前に、まずはチェック。

nyokikeさん

▼感染が拡大している新型コロナウイルス、新たに2人の感染が確認された

東京都は記者会見を開き、都内に住む2人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと明らかにしました。2人とも13日、感染が確認されたタクシー運転手の男性の関係者だということです。

東京都によると、2人のうち1人は、昨日、感染が確認された、都内の70代のタクシー運転手が所属するタクシー組合の関係者。もう1人は、男性運転手が1月18日に参加した新年会の会場だった屋形船の関係者だということだ。

この屋形船の関係者は、中国の湖北省からの旅行者と接触した事があるという事がわかっている。この新年会には、およそ80人が参加していて、これまでに10人に発熱などの症状が確認されているということだ。

・一方、集団感染で停泊していたクルーズ船から一部乗客が下船している

新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では14日、長期間、船内待機を強いられた80歳以上の一部乗客が次々と下船した。久しぶりに陸地を踏んだ人々を、船内に残る乗客らがデッキから見守った。

「どこに連れて行かれるか分からない。私は船に残る」。知人数人と乗船中の女性(85)は持病を抱えているが、悩んだ末、下船を見送った。知人男性(71)に対し、「船内にとどまる仲間が多く、何かあったときに面倒を見てもらえる」と決断の理由を伝えたという。男性は「検疫のための船内待機もあと数日。ゴールが見えてきた」と話した。

▼限られた症例ながら分かってきた新型肺炎の症状が紹介されていました

新型肺炎の国内患者を治療した、国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長が14日、日本環境感染学会の緊急セミナーで講演した。

大曲さんは、自身が治療した患者数が限られているものの、新型肺炎の患者はおおむね1週間、熱やせきといった症状が続き、その後、よくなる人と肺炎に進行する人にわかれると説明。

熱はインフルエンザや風邪では一般的に3日程度で下がるが、1週間ほど続くなら新型コロナウイルスへの感染を疑う条件になり得ると説明した。

大曲氏は、「症例数が限られ、断定的なことをいうのは早すぎるが」とした上で、3人とも、初期はかぜの症状があるものの、レントゲンでは肺炎と診断されず、その時点でこのウイルスへの感染を疑うか判断が難しいと述べた。

「かぜのような症状が1週間続き、倦怠(けんたい)感もあると、かぜやインフルエンザの症状とずれているので気付くポイントだ。渡航歴がない人の感染はこれからも出てくる。感染を疑い、拾っていくことが大事」と話した。

・新型コロナウイルスの症状について中国ではこんな報道がありました

新華社の1月28日付の記事によれば、呼吸について「普通の風邪」の場合、呼吸困難になったり慌ただしくなったりすることはない。「新型肺炎」では呼吸が速くなり、呼吸困難になる場合もある。

咳については「普通の風邪」の場合、比較的遅くなって表われる。「新型肺炎」では主に「から咳」が出現して症状は重い。痰の音や喘息を伴い、よく眠れなくなることがある。

発熱については「普通の風邪」の場合、一般的には48-72時間で平熱に戻る。解熱剤も比較的よく効く。「新型肺炎」の場合、高熱が72時間以上継続する。

全身症状については「普通の風邪」の場合、精神状態や食欲、睡眠に対する影響は大きくない。「新型肺炎」では、精神的に落ち込み、食欲も減退する。

重症の場合、多くは発症してから1週間で呼吸困難が発生する。さらに重篤な状態としては呼吸困難がさらにひどくなり敗血症のショック症状を呈する。また治療が困難なアシドーシス(血液が酸性に傾く)や出血や血液凝固による障害が発生する。

重症患者に見られる注目すべき特徴としては、それほど発熱せず、場合によっては全く発熱しない場合がある。それとは別に、一部患者はそれほど発熱せずに脱力感もあまりなく肺炎も起こさない。そのような患者の場合、多くは1週間で回復するという。

▼「新型肺炎かも…」と病院に殺到すると地域医療が崩壊してしまう

13日に国内で初の死者が出たが、今回の新型コロナウイルスの感染では発熱やせきなどの症状が出る一方で、軽症で済むケースが多いとされる。

谷口 清州 きよす・国立病院機構三重病院臨床研究部長(感染症疫学)は「パニックに陥ってはいけない。引き続き、マスクの着用や手洗い、せきエチケットを励行してほしい」と訴えた。

1 2