1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついにアフリカ上陸…感染拡大の「新型コロナ」に不安広がる

アフリカに広がったら本当にまずい…

更新日: 2020年02月15日

3 お気に入り 12525 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■感染拡大が続く「新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)」

中国の国家衛生健康委員会によると、中国本土の感染者は6万6492人(前日から約2641人増)、死者は1523人(同143人増)に。

中国以外では28の国と地域で605人の感染が確認され、日本ではクルーズ船の乗客・乗員の218人を含む259人に上っている。

■ついにアフリカでも感染者を確認

エジプト保健・人口省は14日、アフリカ初となる新型コロナウイルス感染者が同国で確認されたと発表した。

■詳細

保健省によると、エジプトへの訪問者に対する検査を実施しており、疑いのある人を調べた結果、外国人1人から陽性反応を確認。

ウイルスは検出されたが発症はしておらず、すでに感染者を隔離し、家族全員の検査も実施したとのこと。

国籍や性別など詳細は明らかにされていないが、北アフリカ・エジプトでの感染確認は初めてで、アフリカ大陸でも初となる。

■紛争や貧困などで「医療体制が不十分な国」が多いアフリカ

約10億人が住むアフリカ大陸にはWHOの施設が28カ所にあるが、新型コロナウィルスに感染しているかを照会できる施設は2カ所のみ。

検査結果の照会を国外の研究所に頼るため、時間もコストもかかる

また、貧困や紛争により検査・医療体制が不十分な国も多く、医師も極端に不足している。

■水際対策でなんとか阻止してきた

北京などの主要都市からアフリカ各地に向けて直行便が就航するなど、中国と密接な貿易関係にあるアフリカ諸国。

アフリカ‐中国間の渡航者数は約254万人(2018年)

各国政府は、空港に看護師を配置して発熱している利用客をチェックし、中国人へのビザ発給を一時停止するなど対策を行ってきた。

■WHO「感染が爆発的に広がるおそれも…」

多くの感染者が確認された場合、検査や治療、感染者の隔離などに対応できず、感染が爆発的に広がるおそれがある。

WHOも、中国人の行き来が多いアンゴラやコートジボワール、南アフリカなど13カ国をあげ、警戒を強めていた。

■こんな恐ろしい試算もある

現時点では、新型コロナウイルスの死亡率は約2%、1人の患者から何人に感染させるかを表す基本再生産数は2.2と考えられている。

WHOの非常勤顧問も務めるアイラ・ロンジーニ氏は「隔離前の時点で既にウイルスは中国内外に広がる機会があった」と指摘。

「世界人口の3分の2、感染拡大を半分に抑えたとしても3分の1が感染することになる」と試算している。

1 2