1. まとめトップ
  2. おもしろ

県内事情がよくわかる!地元民が考える県のイメージ地図に納得

twitterで話題になった埼玉県・神奈川県・千葉県のイメージ地図。かつて『よくわかる○○県』が流行した。

更新日: 2020年02月15日

27 お気に入り 56553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

よくわかる埼玉県

「防御力ゼロの嫁」などの作品で知られる埼玉在住の漫画家・矢野トシノリさんの投稿。

「さいたま」「さいたまベッドタウン」「西部王国」「片田舎」「秘境」の5地域に大別された埼玉県。大部分が「片田舎」と「秘境」で占められており、埼玉首都として東京の池袋がしれっと紹介されている。

・県民の日の某夢の国は埼玉県民で埋まる ・ださいたまと自虐していいのは県民のみ(他所から言われるのは嫌) ・海と空港はないが災害には強い ・アニメ聖地が多いのは取材しやすいから ・東西に行くのは電車だけでなく車も不便(圏央道開通のおかげでだいぶマシになった) などもあります

@hosimaki 川越まではベッドタウンだと思う(´・ω・`) 電車の本数的に

@hosimaki 坂戸市の左はしっこに住んでる人間ですが存在を抹消されたようです…

@KeyKouichi @hosimaki この地図だと「らき☆すた神社」って書いてあるところが久喜市ですね

@hosimaki ほぼ栃木ではなくほぼ群馬です。埼玉県と栃木県はほとんど接していません。

本当の埼玉県のイメージ。モヤが掛かってる場所に行くには特殊な修行が必要。 pic.twitter.com/JUSq54laXZ

よくわかる神奈川県(by横浜市民)

横浜市は「大都会東京」と「横浜もどき」に2分され、川崎市の多摩区辺りは「ほぼ東京」、武蔵小杉駅付近は「ムサコマダム自治区」、海沿いは「魔境」となっている。

Ver.2〜Ver.5まで出来たんで、一覧にしときます。 個人的には、流れが完全にバカ日本地図みたいになってきて笑うしかないです。 pic.twitter.com/v7CGsqjnEt

@izumi_yawara 川崎から見ても川崎区は魔境。 あとムサコマダム自治区は武蔵小杉だけでその他はムサコに引っ付いてる感がある

1 2