1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■香川県がゲーム条例を制定?

未成年者のインターネットやゲームへの依存を防ごうと、香川県議会が、18歳未満の使用制限に踏み込んだ全国初となる対策条例の制定を17日開会の2月定例会で目指している

18歳未満の子どもを対象に、依存症につながるようなゲームの利用時間を平日は1日あたり60分を基準とするなどの条例を、全国に先駆けて制定することを目指しています

■この報道には、様々な意見が飛び交っている

香川県のゲーム規制条例はクソ迷惑やけど、それによって若者の投票率があがったりするのではとも思う わざわざこんなわかりやすい共通の敵ができるとは

香川県でくだんの「ゲームは1日60分まで!」条例制定したって聞いたんだけど、これをやって一番得をする人って誰なのだろうな?

ド田舎でその上ゲームもスマホも制限されるとか住む価値あるの香川県。

この条例によってゲーム依存を無くすことが目的とすれば、同様に依存症を発症する可能性のある飲酒、喫煙、パチンコこれら全てもいずれ規制されて香川県に住む人の娯楽って鬼ごっことかかくれんぼになったりするのかな。 twitter.com/ogino_otaku/st…

■近年、ゲームへの依存は「ゲーム障害」として世界中で問題となっている

既に「オンラインゲーム依存症」が社会問題化している中国や、タイ、ベトナム、韓国などではプレイ時間が規制されている

■そもそも「ゲーム障害」って?

「ゲーム障害」とは、ゲームの頻度や時間などを自分自身で制御ができなくなり、仕事や日常生活よりもゲームをすることを優先してしまう状態のこと

このような症状が12ケ月以上続けば診断が必要とされるが、年齢や状況に応じて、短期間でも依存症とみなす場合がある

こうした特徴は、薬物依存症やギャンブル依存症に酷似していると専門家は指摘する

■ゲームが原因で生活に支障をきたすケースが多く報告されている

ゲーム依存が深まれば、睡眠不足や生活の昼夜逆転を招き、不登校や引きこもりにもつながりかねない

ゲームする時間が長い人ほど依存症傾向が強く、生活に支障を来たしたり、健康に影響が及んだりしている

ゲーム以外の要因で不登校が始まった場合も、不登校中の生活がゲーム中心となってしまうケースは少なくありません

■家庭内に深刻な影響を及ぼすケースも

ゲームを止めることを指摘された際、家族への暴力、暴言、または物を壊すなどの問題行動が見られることもあります

親のクレジットカードを無断で使用し多額の課金をするといった、家族関係に関わる問題も

1 2