1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

仲のいい友人や同僚が出産した後に贈りたい「出産祝い」

友達や同僚、知人が出産した際、お祝いとして贈りたい出産祝いのプレゼント。せっかくなら喜んでもらえるプレゼントを選びたいものですが、相場の金額や男の子向け・女の子向けなど悩むところが多く、いざ選ぼうと思ったときに迷ってしまう方も多いですよね。

出産祝いの平均金額は?

出産祝いの予算は、ごく親しい友人で5千円~1万円、同僚や知人といった間柄では3千円~5千円、親族の場合は1万円~3万円が目安となります。

お返しは半返し・もしくは三分の一返しが基本となりますので、ここも意識して、相手に気を遣わせない金額のものを選びたいですね。

高額すぎるものや、ベビーカーなどの既に準備していそうなものはNG。会社の仲間や複数の友人が連名で出産祝いを贈る場合、高額なプレゼントを購入することもあるかもしれませんが、その場合はあらかじめ候補を立てた上で、贈る相手に直接確認をしておくとスマートです。

◆何枚あってもうれしい!スタイ

多くのお母さんが何枚貰っても困らないと回答頂いたのは“よだれかけ”です。

男女ともに必須アイテムではありますが、特に男の子は好奇心旺盛なため汚す頻度が高め。

選ぶ時のコツとしては、子供によって首周りのサイズが変化するため、ボタン式 or マジックテープ式のスタイの方がお母さんが取り替えが便利ですね。

◆ちょっと大きめのベビー服

可愛いロンパースも、出産祝いにはぴったり!何枚あっても使えるアイテムです!

◆生まれてすぐに使えるし、見た目がかわいい!おむつケーキ

誰もが嬉しい実用的なお世話グッズといえば、おむつです。生後1カ月までの新生児期には、1日15~20回排泄をします。

その度におむつを替えるので、おむつはどんどん消えていきます。そんな必需品のおむつを、タオルやおもちゃと一緒に、ケーキの形に華やかにラッピングした、おむつケーキは出産祝いにとても人気です。

おむつケーキに入っているおむつは主にSサイズ。生まれたばかりの赤ちゃんの最初のおむつは新生児サイズで、成長するとSにサイズアップします。

◆ママにも嬉しい入浴剤

産後1カ月の山を乗り越えると、お世話のリズムに少し慣れてきます。そして一人でゆっくり湯船につかる余裕がでてきます。久々の湯船は、それはもう、最高ですよ。

出産祝いには、ベビー向けのグッズが定番ですが、ママ向けにギフトをいただけると、大きなサプライズになります。

ママのコンディションが赤ちゃんに与える影響は大きいので、ママの元気を応援するグッズはとても嬉しい出産祝いです。

◆使い時期はまだ先だけどあると便利なベビー食器

1 2